So-net無料ブログ作成

チャレンジ富士五湖(100キロの部)~レース編♪~その① [マラソン大会(参加)]

レース当日を振り返ってみたいと思います(^^)

今回は、途中、
あまり何も考えてなかったような、やっぱり妄想してたような・・。
エイドやその他エピソードの場所など、
うろ覚えなところもあるかと思います・・、
違っていましたらご容赦下さいm(_ _)m

100キロの部のスタートは朝5時。

私のホテルには、3時35分に迎えの「ツアーバス」がきてくれます。

車で行きましたので、スタート場所まで自分で行くことも可能ですが、
スタート場所の駐車場は「112キロの部」専用、
「100キロの部」は、少し離れた「富士急ハイランド」の駐車場が指定されています。
(「富士急ハイランド用」の駐車券が最終案内に同封されていました)
駐車場からスタート場所の富士北麓公園までは送迎バスが出ています。

100キロ走った直後は、ホテルまでとはいえ運転はキツイかな・・ということを考え、
当日の移動は「ツアーバス」を利用させていただくことにしました。


前もって、
朝起きてから「しないといけないこと」を書き出して、
それぞれの所要時間を計算した結果、
起床は「2時10分」(^^;

以下、「朝起きてしないといけないこと」リスト (この順番!)

・寝ぐせ直し
・ごはん(コンビニおにぎり4個&豆乳 → お腹こわさないようにゆっくり食べること。)
・テーピング
・日焼け止め&保護クリーム
・着替え
・荷物チェック


起きて、まず、外の様子を確認しますと、
道は濡れていますけど、雨は降ってないみたい。

「100均カッパ」or「薄手のウィンドブレーカー」、
「サンバイザー」or「帽子」、
「薄手の手袋」or「フリースの手袋」、
どちらを最初に身につけて、
どちらをトランジットに入れるかの最終決断をしないといけないですが
まだ微妙な感じですので、「決断」は会場の、荷物預け直前まで持ち越し・・。

まぁ、これまでも、
トランジットの荷物に入れておいたウェアに着替えたり・・はしたことないんですけど。
一昨年、1日中雨のときでも、
どうせ濡れるので着替えませんでした。

今回も、
もし雨がひどくて、手袋や帽子を取り換えたくなった場合・・ということで
トランジット荷物に一応入れておいた次第・・。

昨日、書き忘れましたが、
ゼッケンは4枚配布されました。

途中、着替えたときに、
ゼッケンを付け替える必要がないように・・との配慮かと思われます。
ゼッケンに貼り付け用の「リフレクター」も配布されました。
スタート5時、制限時間は19時までですので、
いっぱいいっぱい使って走った場合には、暗い中走りますので
車などから分かるように・・とのことかと思われます。


3時25分にはホテルの1階へ。

夕食のときにお話しした女性ランナーさんと
お話ししたり、ストレッチしながらバスを待ちます。


バスで会場到着。
駐車場から、「荷物預け場所」・「控室」である体育館へ移動。

4時過ぎでしたでしょうか。
まだ真っ暗(^^;
014.JPG


4時30分スタートの「112キロの部」の方たちが
体育館から出てこられて、続々とスタート場所の競技場に移動されておられるのとすれ違います。

その中に、
長居の練習会でお会いする男性発見(^^)

『○○さん!』
「あ~、keroyonさん!」
『112キロですか? がんばって下さい!!』

そのお方、お風呂屋友達の女性たちのお仲間さんの男性で、
その方もお風呂屋さん利用。
泉州マラソンを応援していて走っているのをお見かけしましたが
それ以来、長居ではお見かけしてないように思いましたから
てっきり「シーズン終了」でゆっくりなさっているのかと思っておりましたが、
112キロの部参加のため、どこかでコソ練されていたんでしょうか(^^)

一人こっそり・・のはずでしたので、
知り合い見つけてかなりうれしく(^^)


「最終決断」を済ませて
2ヵ所のトランジット荷物を確定、
体育館入口横のそれぞれの預け場所のゼッケン番号指定のコンテナ?に
自分で入れるようになっています。


体育館の1階は、ほぼ全体が
「スタート場所に置いておく荷物」置き場になっているため、
2階が「くつろぎ」スペースになっています。

そちらで、走るときに身につける荷物を準備、
トイレを済ませて4時35分頃・・やったか、
1階に荷物を預けて競技場のほうへ。

今回の100キロはウェーブスタート、
ゴール予想タイムを申告し、それによって、5時と5時15分スタート組に
分かれています。

ホテルでご一緒した彼女は15分スタート組でしたので
『じゃあまたホテルで(^^)』とエール交換してお別れ。

4時45分から「スタート式(=開会式みたいなもの)」、

けっこう人数多いので、
猫族長はどこにいらっしゃるのか分からない~。

ウェアは、昨日アップしましたノースリーブのランチュニック、
中にCW-Xのノースリーブのインナー、
アームカバー、
ロングタイツ、
フリース手袋、
サンバイザーとサングラス(最初ははめてないけど)、
100均カッパ。

少~~しだけ霧雨って感じですかね。


直前はみんなでカウントダウン、
そして5時、いよいよスタート♪

さぁ、始まりましたp(^^)q

ワタクシの今回の目標は、まずは「完走!」

そして、走り出してみて、
調子がよさそうなら弱気にならずに自己ベスト目指そう!と。


まず先に、
今回のラップタイム(5キロごと)を書かせていただくことにいたします・・。
(後半撃沈していますが・・)



       ラップ  トータル時間     利用したエイド・トイレなど
0~ 5  24分29秒                     
5~ 10  25分35秒 (   50分04秒) エイド1回
10~ 15  25分32秒 (1時間15分37秒)  エイド1回(サプリ)
15~ 20  25分23秒 (1時間41分01秒)  エイド1回
20~ 25  25分04秒 (2時間06分06秒)  エイド1回(サプリ) 
25~ 30  24分16秒 (2時間30分22秒)  エイド1回
30~ 35  29分49秒 (3時間00分12秒)  エイド1回(30キロ直後でトイレ、サプリ)
35~ 40  26分58秒 (3時間27分11秒)  エイド1回
40~ 45  26分55秒 (3時間53分33秒)  エイド1回(サプリ)
45~ 50  25分30秒 (4時間19分03秒)  エイド1回
50~ 55  30分25秒 (4時間49分29秒)  エイド1回(トランジット1、サプリ)
55~ 60  29分14秒 (5時間18分43秒)  エイド1回
60~ 65  27分36秒 (5時間46分20秒)  エイド1回(サプリ)
65~ 70  36分17秒 (6時間22分37秒)  エイド2回(トランジット2、サプリ、トイレ)
70~ 75  29分40秒 (6時間52分17秒)  エイド1回  
75~ 80  30分19秒 (7時間22分37秒)  エイド1回
80~ 85  29分40秒 (7時間52分17秒)  エイド1回(サプリ)
85~ 90  31分11秒 (8時間23分29秒)  エイド2回(89キロエイドでサプリ)
90~ 95  31分45秒 (8時間55分14秒)  エイド1回
95~100  34分45秒 (9時間30分00秒)


競技場から外に出まして、
林・・というか、樹海の中を走ります。
霧が出ていて幻想的。

下りが続きます。

早朝にもかかわらず、
道の曲がり角等にはスタッフウェアを着た方々が立ってて下さいます。
感謝、感謝です。

今回も、
ほぼすべてのスタッフさんに「ありがとうございます」とお声かけ。
応援が少ない箇所では、スタッフさんに挨拶しますと「がんばってね」と
言って下さることが多いですので、
自分から声をかけることでムリヤリ応援してもらいます(^^;


最初、タイムをチェックしつつペースが速いのは分かっていましたが
下りですし、
ワタクシ、いつも、「先行貯金型」?ですのでまぁいいか・・と。

最初押さえて走ったら、後半もう少し元気が残るのか、
一度試してみたいと思いつつ、年1回だし・・とか思いますとなかなか試すこともできず・・。
前半押さえても、どっちみち後半は潰れるのは潰れると思うんですがね・・。
潰れ具合がマシになるんでしょうか・・。

通過した道路の温度計は「0度」になっていました(^^;

寒いはず(^^;

100均カッパも、フリース手袋も、走り始めても暑く感じませんしね~。


そんな感じで下っていますと、
左斜め後ろから、「keroyonさん?」と声をかけて下さる男性が。

その名前で呼んで下さるのはブログつながりの方かと。

『ハイ』
「sallyです(^^)」
『あ~~~!』

猫族長さまでした(^^)

「黄色いシューズで分かった(^^)」


「デカイから分かった」とおっしゃらないところに
族長のお優しさ&気配りを感じました(^^)


コメントでは何度も・・でしたが、
お会いするのは初めて。
ご挨拶して少しお話ししながら併走。

快調に走られる族長のペースはちょっと速いかなぁと思いつつも
しばらくストーカーのように後ろに張り付き(^^)

腰高の、惚れ惚れするような安定感のあるきれいなランニングフォーム(^^)

上りで少し離されたり・・また追いついたり・・、
歩道が狭くなっているところが続いたので前を走らせていただきながら
山中湖のこぐちのエイド到着、
13.1キロ地点なのでサプリ注入。

それで少し時間を食いましたので、族長はその間に先に行かれたやろな~と。


山中湖のエイドに到着する少し前に、
そろそろ体が温まってきたと思いましたので、走りながらカッパを脱いで。

脱いだら寒い・・。
大丈夫そうならエイドのゴミ箱に捨てようかと思っていましたが
これはまだまだ捨てられない感じ。

腰に巻いて走ります。

後から思えば、序盤でまだ早い時間帯にも関わらず
山中湖は寒さがマシだったので、きっと標高が低いんでしょうね。
まぁ、あれだけ下ってきましたしね。


そのあたりから、112キロの部の方に追いつき始めました。

112キロの部の集団で走っておられる方々を抜きましたときに、
会場入りしたときにお会いした112キロの部に参加の知り合いの男性が
その中におられ、
「keroyonさん、ファイト~」
と声をかけて下さり(^^)

『○○さん、ファイト~』

お仲間さん数人で参加だったのかしら(^^)


山中湖畔はきれいな公園みたいになっており、
エイド以外にもトイレはたくさんありましたから待たずに利用できそうでした。


山中湖、けっこう大きい(^^;
(走っても走っても続きます~)

山中湖を抜けた次のエイドが27キロすぎですから、
ぐる~っとまわってくるのに13キロくらい走ってますから当然か。


そこからは、
また、スタート場所近くを通って河口湖のほうへいくので
フツウに考えて、「上り」やろな~・・とか思いながら走ります。


ゆうべは、途中何度か目が覚めてしまいましたが
朝(というか夜ですが)起きますと頭はスッキリ。
ここ最近辛かったこめかみや首の後ろのコリもなく、
いつになくいい感じの体調(^^)

スタートしてからも、脚も重くはなく・・でしたが、
山中湖直前あたりから、
下りなのに何となく進みが悪い?というような感じ。

調子はいいのか悪いのか・・。
まぁ、最初の下りはペースが速かったですし、
まだまだ序盤ですから、
あまりタイムは意識せず、リラックスして走ることを心がけます。


20キロ過ぎたくらいからだったでしょうか、
ワタクシの弱点(^^; 
トイレに行きたくなってきました・・。

ワタクシの辞書に「便秘」という文字はなく、
ホテルで一緒だった女子は「朝からスッキリしてないんです」と困っておられたのに
ワタクシは何度も済ませてたにも関わらず、
お腹にモノを入れるといきたくなるんですよね~。

切羽詰ってはなかったですけど、
30キロの計測ポイント通過してすぐに、
観光地の駐車場だったかしら・・、
そこにトイレがありまして、
ワタクシの前を走っていた男性が3人ほどトイレにむかわれましたので
ワタクシも便乗~。

『男女一緒のトイレで待たなアカンかなぁ』
と思いましたが、
男女別で女性用は誰もいない。
個室5個ほどあった上、めちゃくちゃきれいなトイレでした(^^)
しかも洋式(助かります♪)、あったか便座にウォシュレットもついてたかな、
感動モノのトイレでした(^^)
やはりあのあたり、富士山が世界遺産登録された関係で、
整備されているんでしょうか。

お腹がスッキリしますと
やっぱり走りにも元気が出てきました(^^)


確かそのあたりから、
けっこう「街なか」になってきまして、
「信号待ち」が増えてきました。

信号にはスタッフさんがおられ、スタッフさんの指示にしたがって走ります。


みんな条件同じですので仕方ないですが、
あとから思えば「信号待ち」分、けっこうロスしてたように思いますね・・。
何度も止まるとやはりリズムもね・・。

そう考えますと、
「奥熊野100キロ」は、アップダウンはかなりキツイですけど
信号待ちはまったくないですから、
そういう意味では走りやすいコースやなと思います。
やはり、他の大会も走ってみないと分からないこともいっぱいあるな・・と
思いつつ走っておりました。


それと、同じく、そのあたり、
歩道の段差?がけっこう多くて。

最近の歩道は、バリアフリーに対応したような、なだらかな感じになっていますが
そのあたりは昔ながらの・・と言いますか、けっこう段差が大きいタイプ。
それで、車が横切るようになっているあたりは低くなっていて・・なので
歩道の「アップダウン」の繰り返しがかなり長く続きました。
あれもわりと「脚を使ってしまう」気がしましたね。

ウルトラマラソンはそういうところも走りますので
岩本さんの本にもありましたけど、
公園内の走りやすいコースばかりじゃなくて
そういう歩道とか、「悪路」も走っておかないといけないんやなぁとか考えつつ走ります。


そうこうしているうちに、きれいに整備された道路にでまして、
「リゾート地」という雰囲気の「河口湖半」に突入。


長くなっていますので続きは後日~m(_ _)m


<本日のトレーニング>

・・・・・オフです(^^)

やっと体重が戻ってきました。
3キロくらい増えていました(^^;
(暴飲暴食したわけではありません・・)

ワタクシ、
100キロマラソンのあとなど、強烈な筋肉痛になりますと、
脚なんかはパンパンに張っていまして、体重が増加・・(^^;

今日あたり、そうでしたが、
筋肉痛がだいぶ取れてきて、
やたらトイレが近くなり、
(余分な水分が出たのか)脚の太さがいつもくらいになり・・
で、体重もほぼ元通り(^^)

なので、100キロ走っても

ぜんぜん痩せてません(^^;


2014-04-24 23:34  nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 37

コメント 6

liang

5キロ25分台で走っちゃうんですねー。速い~。
信号待ちがあるんだ! 足を止めちゃうと重くなっちゃいそう…
それにしもて「3キロ増」見間違いかと思いましたが、
100キロ走っても痩せないんだ、、、を、そうなんだ、、、、( ´-`)
by liang (2014-04-25 07:57) 

よーちゃん

山中湖のハーフを何回か走りましたが、
お天気良ければ最高のコースやと思います。
レース中のトイレでウォシュレットなんは、うれしいなー( ̄▽ ̄)
by よーちゃん (2014-04-25 08:16) 

ハリネズミ

keroyonさんの行動はいつも綿密な計画に基づいてて
キチッと正確・・・・とは思ってましたが、
所用時間の計算もして、起床時間を逆算で算出とは
恐れ入りました~^^;。
私なら2時10分・・・・なんていう細かい時間にはなりません。
たぶん2時に起きちゃいます。
100キロ走っても痩せないという事実は衝撃ですね~。
やっぱり地道な有酸素運動を継続的にコツコツ・・・・なんですね。
ようやく筋肉痛も収まってきたとのこと、
これで間近に迫ったGWを楽しく軽快に迎えられますね^^。
by ハリネズミ (2014-04-25 08:54) 

昆野誠吾

2時10分起床、予想はしてたけど吹いちゃいました^^;
真っ暗な中を歩く皆さん、ふと思いましたが
これはもう「戦士」ですね。これから戦いに行く戦士。
その戦士同士で挨拶して、激励し合って。
やたらカッコイイと思いました^^
by 昆野誠吾 (2014-04-25 17:25) 

ぴょん吉

たくさんの信号ストップ、走りにくい歩道、これほどの大会は他に経験無いので、私は最初にここを走って良かったと思ってます。他の大会は快適に走れますから。
それにしてもすごいタイムで走ってますね。keroyonさんにとっては潰れたことになるんですね(^^; やっぱり根性の差かな~
by ぴょん吉 (2014-04-25 21:27) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★liangさまへ
 私はここの大会が2つめで、「ウルトラは交通規制しない」と
 聞いていますので、ふつうはこんなものなのかな・・と思って
 おりましたら、途中、お話しした方によれば、「こんなに信号が
 あるのはここくらいでしょう」とのことでした。
 やはりちょこちょこ止まるとキツいです・・。
 9時間台前半、9時間切りを狙おうと思いましたら、やっぱり
 キロ5分くらいでいかないといけないので、5キロ25分くらいで
 いかないと・・ですね。
 100キロ走っても痩せませんよ~。私は・・。
 でもやっぱり消耗が激しいのか、今週はお腹がすきました。

★よーちゃんさまへ
 「山中湖のハーフ」、何度か耳にしたことのある大会ですが
 よく考えますと、ここの山中湖なんですね。
 ピンときていませんでした(^^;
 晴れたら景色最高でしょうね~~♪

★ハリネズミさまへ
 所用時間の計算をして起床時間を・・は、かなり早く起きないと
 いけませんので(朝というより夜です・・)少しでも長く寝れるように
 という考えから・・です。なるべく体を休めたいので・・。
 100キロマラソンを走っても痩せませんね(^^; 私は・・。
 やはり、単発でドカンっと運動しても痩せれないんだと
 思います・・。コツコツ続けるしか・・かと・・。
 なおさら、「ラクして痩せる!」なんてありえないと思います(^^;
 もうGWですね~。今回は、あまり休みが連続していないからか
 GWという実感があまり・・・。
 私は勝手に「連休」を作りますが・・(^^;

★昆野誠吾さまへ
 100キロマラソンのときの起床時刻、たいていびっくりされちゃい
 ます(^^; やはり、それひとつとっても、やはり「変態レース」だと
 思います・・(^^;
 スタート会場では、真っ暗な中、ぞくぞくと集まってきているランナー
 さんたちがたくさん・・。「変態」がこんなにいっぱい♪と思いますと
 なんだかうれしくなりますよ~(^^)

★ぴょん吉さまへ
 こちらが最初だったんですね・・。
 私はここが2つめなので、まだまだ一般的なことが分からず・・で。
 ふつうは、こんなふうに信号待ちがあるんやなぁと思いながら
 走っていましたが、今回、走っているときにお話しした方も、
 「こんなにたくさん信号あるのはここくらいでしょう」とおっしゃって
 いました。
 違う大会を走るのはいい経験やなぁと今回つくづく思いました。
 すごいタイム?? 何をおっしゃいますやら。
 ぴょん吉さんこそ、フルもウルトラもすごいタイムで走ってるんじゃ
 ないんですか~。
by keroyon (2014-04-25 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]