So-net無料ブログ作成

読書メモ♪ [本]

少し前に読み終わっておりました。

「カンパニー」(伊吹有喜さん)

010.JPG


2015年に一度読んだことのある作家さん。

そのときは、
図書館に予約した覚えがないのに届いておりまして(^^;
「これも何かのご縁かも」と思い、読みました。
(「ミッドナイト・バス」)


今回の「カンパニー」は、
2月に観劇しました宝塚歌劇月組公演「カンパニー」の原作本でございます。


観劇の帰りに何気なく本屋さんに立ち寄りましたら目に止まり
舞台もよかったので
原作も読んでみようと購入した次第。

帯が「宝塚歌劇舞台化決定」版になっているのもうれしい(^^)


舞台を先に見ましたので、
内容は分かったうえで読みましたけど、
感想を一言で申しますと、

「じんわりと元気が出てくるステキな物語でした」


舞台はほぼ原作通りではありましたが
主人公の青柳さんの「元 奥さん」の設定が違っておりました。

舞台のほうが「美談」的で、
原作本のほうは「ドロドロ」した感じ。


エピローグは、
「この先のいい感じの展開を予感させる終わり方」で
個人的には好きなしめくくり。


ただこの作品、
前に読んだ「ミッドナイト・バス」のときもそのような印象を受けた記憶がありますが
主要登場人物に魅力を感じないんですよね・・。

今回で言うと、
青柳さん、美波さん。


それと、
原作本では、結局誰が主人公なんだろう・・・という印象も。

別に主人公は決まっていなくてもいいのかも・・ですが
そのあたり、ちょっとぼやけた感を感じてしまいました。


宝塚では、
トップさんが青柳さんを、
トップ娘役さんが美波さんを演じておられましたが
高野さんと瀬川さんにスポットをあてて
そちらをトップコンビに演じてもらう・・という設定もおもしろい気がしました。


(関西では)本日放送の「タカラヅカ カフェブレイク」、
ゲストは、高野さんを演じられている月組の美弥るりかさん。

改めて、高野さん役がお似合い~~だと(^^)

本を読みながらも、
高野さんは美弥さんの顔が浮かんで仕方ありませんでした(^^)


E子ちゃんにも読んでもらいましたが
同じく、
「高野さんは美弥さんの顔が浮かんだ」旨の感想をもらいました~(^^)

ドラマ化や映画化されたものは
映像のほうを先に見ますとどうしてもそうなりますね(^^)


<本日のトレーニング>

・ ウォーキングとスロージョグの間くらい  13キロ

  本日は、写真は撮らず・・でしたので
  昨日よりはだいぶ早く、2時間以内で戻ってこれました(^^)

  思っていたよりも暑さもマシ。

・ エクササイズ


2018-04-30 20:00  nice!(37) 

nice! 37

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]