So-net無料ブログ作成

ドクターストップ??&5月のRUNのまとめ [体調管理・健康]

本日、もともとの予定は、
早朝は雨の予報だったので、
先週に続き、峠ダブルのコースで「プチ ドカ走り」しようと思っておりました。

今週くらいから「長居ウィンド練習会」も参加して、
スピード練習もそろそろ再開、6月半ばくらいからは「マラソン塾」も参加して・・。
6月にRUN友さん企画の「鬼コース?ドカ走り」、来週くらいに(勝手に)試走しようかな・・
みたいに6月の予定を考えていたんですけど・・・、

昨日、鍼の先生からのお達しにより、
もう少し(予定では6月いっぱい)RUNをお休みすることにしました。

2月半ばくらいから痛めていた右腿の付け根に近いあたり、
そこの痛みは100キロのあと1ヵ月近くのんびりしている間にとれましたが、
まだもう少し、「張り」が残ってる感じ。

付け根の上のほうというか、場所を説明しにくいですが、
股関節・・・でもないですけど、
そのあたり、
付け根に近いあたりと「痛みの箇所が移動する」と言いますか、
痛めてからこっち、
日によって、痛い場所がどっちか交互に・・とかいう感じではありました。

腿の付け根に近いあたりは、↑のように「張り」が残っている感じまでになりましたが
付け根の上のほうは、旅行のあと、RUNを再開しても、
それほどひどくはないですが、やや痛みが残っている感じ・・。

整骨院の院長(=後輩)と話していて、
『でももう、1ヵ月近く休んだし、そろそろ走っていかないと・・。
 ケアしながら走っていきます』
と言っていましたけど、
たぶん、院長は、やっぱり「後輩」なので、
怖い先輩に対し、「よほど」じゃないと強くは「走らないで」とは言えないのかな・・
という気がします(^^;

で、昨日の鍼、
前回、5月上旬に行きましたときに
「ゆっくりジョグはいいよ」と言っていただきましたので走り始めたのですが、
先生に現状を話しますと、
「そこが痛いなら、走ったらアカン」
とのこと。

「まぁ、精神衛生上 問題があるなら、『ゆっくりジョグ』はいいけどね・・」
『でも先生、本当はジョグもしないほうがいいんですか?』
「本当はそのほうがいい。
 でもキミら『変態ランナー』さんたちは、
 走らないと、『何もすることがなくて時間を持て余してしまう』んでしょ」
『・・・そ、そんなことはないです(^^; 』
「何かほかにすることがあるの?」
『宝塚のDVDを観るとか、本を読むとか・・』

先生にそれ以上は言いませんでしたが、
今となっては、走らなかったら確かに「味気ない」生活ではありますけど、
家事は、ふだん手抜きですから、ちゃんとしようと思ったらいくらでも時間かかりますし、
今月は旅行に行ってたせいもありますけど、読みたい(読まないといけない)雑誌や本も
ぜんぜん読めていませんし、
習い事のお稽古も本当はもっともっとやらないといけないし、
(朝ドラ)「まれ」と(NHKテレビ講座)「大人の基礎英語」はためてなくて消化していってるけど
他のドラマの録画とか、E子ちゃんがダビングしてくれた映画のDVDもまったく観れてないし
本当は、(平日は)22時半頃に寝るのが、お肌&健康のためにもいいし・・
で、走らなくても別に時間を持て余すことはないかと・・(^^;


で、先生、
「そこ(=腿の付け根の上のほう)は、ひどくすると、疲労骨折になる場所やよ」

そういえば、知り合いの人(かなり走力が高い女性)が
だいぶ前にそのあたりを疲労骨折したと聞いたことがありました。
そのときは、「走ってて、そんなところを疲労骨折するの??」
と思った記憶がありますが・・。

「アナタは、走ってお給料をもらってるんですか?」
『・・・違います。』
「なら、走ることは『趣味』でしょ?』
『・・・ハイ』
「痛みがあるときは『休みなさい』ってことなんやよ。
 それやのに『走りたい』っていうのは自分の『エゴ』でしょ。
 そういう『自分の気持ちをおさえる』こともトレーニング、修行やよ。」

「でもまぁ、『どうしても』と言うなら、キロ6分以上はかけてゆっくり走ってもいいけど
 それでもそんな長くはアカン」

・・・・・とのことですので、
ジョグとはいえ「ゆっくり走る」ことも難しいですし、
痛みがある状態で走るのは不安になりますし、楽しくないですので、
中途半端なことはしないで、もう少しお休みすることにしました。

でも、昨年の年明けの、
大阪国際女子マラソンを欠場することになったときの先生からのお達しは
「走る以外のトレーニングも全部休みなさい、
 ヘンなマシンとかで中途半端にトレーニングしてたら治らへんで」
と言われましたが、
そのときほど厳しくはなく、
先生に相談した結果、
次々回の治療(=約1ヵ月後)まではRUNはお休み、
ウォーキング、水泳などでつなぐことにしました。

加圧トレの院長先生に相談しますと、
痛みの箇所を使わないトレーニングができるそうですし、
教室にはかなりの種類の「有酸素運動ができるマシン」がありますから
それらを使って・・もできそうですし。

なので、そんな感じでトレーニングしつつ、
RUNはもう少しお休みすることにします。


・・・・・まぁ、仕方ないです。

左の足底は12月くらいから痛く、
周りの方に聞きますとけっこうしつこく長引きそうで、
そちらは、シューズを履くとそうでもないので「付き合いつつ」走っていこうと思っておりますが。

右腿は2月半ばから痛くなり、
『とにかく (フルマラソンは)名古屋までは・・!』
『100キロ終わったらしばらく休むので、それまではどうにか・・』
と、痛みをガマンしてやってきましたので・・。

今思えば、3月半ばくらいからはかなり痛く、
走り出してしまえばマシになって・・でしたけど、
「走り始め」の数歩は『これ、大丈夫??』と思いながらとか・・。

100キロでも、エイドで止まって、そのあと走り出すときが痛くて・・でした。

鍼の先生がおっしゃるように、しょせん「趣味」なんですから、
本当は、
「気が進まないとき」
「寒くて風がびゅ~びゅ~ふいている日」
「仕事などで疲れた日」
「雨が降っている日」
「脚が痛い日(筋肉痛も含む)」
「レディースデーでたまらなくしんどい日」
などは、
「体の声をきいて」走らない・・こともアリなんでしょうけど、
目標にしている大会にむけて頑張っているときなんかはそんなこと言ってられませんし、
「気が進まない」という気持ちすらなくなってしまってて・・という感じ。

今回も、
(痛みがひどくなっているので)本当は休んだほうがいいんやろな・・と分かっていたけど
「この大会まではどうにか」
と、ムリをしてきましたので、
まぁ、当然の結果・・というか、自業自得。

中途半端なことをしないでおとなしくし、
秋、冬の大会にちゃんと走れるようにしたいと思います。


3年前のちょうど今頃、
ランニング中の不注意で骨折し、3ヵ月間RUN禁止、
トータル5ヵ月くらいまともに走れませんでしたので、
そんなことも考えますと、今のうちにしっかり。

自業自得ですし、
凹んでも仕方ないので、やれることをやります。


さて、5月のRUNのまとめを・・。

<走行距離>    167キロ

          水泳 2キロ


<練習会参加・ポイント練習>

   ・ 長居ウインド練習会  今月はお休みしました。
   ・ 峠走(ダブル)       1回 (← 一人練習:プチドカ走りとしてペースゆっくりめ)
   ・ 山歩き          2回 (葛城山1回、金剛山1回)


<ジム出没回数>   3回                          


<加圧トレーニング>  1回


本当は、本日もう1回「プチドカ走り」をして、
200キロは走って・・と思っていましたが、
↑ のようなわけで、しばらくRUNはお休み。

やっぱり、「ムリ」は長くは続きません。
痛みが出てから2ヵ月ほど「ムリ」してきましたので、
同じくらいの期間、2ヵ月ほど休まないといけないのかも・・とか、思ったりしています。

100キロマラソンが体にいいのか悪いのかは置いときまして、
やっぱり年1回は挑戦したくて・・と思っておりますが、
もともと4月くらいのこの時期の大会に申込みをしたのは、
「それを走って、少々、体調を崩したり痛みが出たりしても、秋、冬までに間に合う」
ということを考えて・・のことでしたので、
もう今は、のんびりします・・・。


<本日のトレーニング>

「ウォーキングはいい」とのことなので、
本日はせっかく「早起きドカ走り予定」の日曜日でしたから
トレーニングは山歩きに変更して、
金剛山を歩いてきました。

ゆうべ、寝るのが少しだけ遅くなりましたし、
早朝は雨かも・・ということで、
少しゆっくりめに4時50分起き。


「本道」ではなく、いつもの峠から、ダイトレのコースにて。

本道は約3キロくらいですが、階段が多くて急、
ダイトレコースからは5キロくらいになりますが、その分少しなだらかになりますので
キョリを歩けますし、脚の状態から考えてもあまり急じゃないほうがありがたいので。

駐車場が無料なのもありがたい(^^)
少し遅くなりましたので心配でしたが、空いていました。


いつもの道の駅でトイレを済ませて、
003.JPG

ふだんは走って登る道を峠近くの駐車場まで車で。

駐車場に車を停めて、いつもの峠まで行き、
004.JPG

そこから登山道に入りまして
005.JPG

こちらの「水場」は本日はスルー
006.JPG

途中は、このような案内板があるので安心
007.JPG
008.JPG
009.JPG


山頂広場
012.JPG

↑ が山頂っぽいですが、
本当?は、神社の中が頂上のようです。
010.JPG

山頂付近に気温は
011.JPG

山頂付近はちょうど、「雲の中かな~」という感じでガスっていて、
雨がパラパラ。
びしょ濡れになるほどではありませんでした。
ひんやりしていて大汗かくこともなく登れました。

コチラのコースは人は少なめ、
行きはあまり人に会わず・・で、ブキミなくらい(^^;

帰りはぼちぼちすれ違いましたので、
早い時間に登ったのか、お天気の関係か・・。

往復で2時間半弱の山歩きでした。


駐車場に戻りましたのが9時半頃でしたでしょうか、
さっと着替えて、いつもの峠走の道を車で戻ります。

車で通っただけですから、山歩きには一切関係なかったですが、
つい習慣で、いつもの「温度計」を見てしまいます(^^;


          上っているとき 下っているとき
上の温度計     18度        18度
下の温度計     18度        20度


朝、むかっているときはかなりひんやり感じました。
真夏も、早朝はこれくらいだったらありがたいんですけど・・(^^;


2015-05-31 21:00  nice!(55)  コメント(9)  トラックバック(1) 

nice! 55

コメント 9

Yoshiki

痛みがあっても走りたくなるのはやはり「変態」なんでしょうね…(笑)。
くれぐれも無理をなさらないようにお気をつけください (と、自分にも言い聞かせておきます(笑))。
山登りは気分転換にもいいですし、自然を満喫できますし、脚に普段とはちょっとちがった刺激を与えられるのでいいトレーニングになりますね。この機会にいろいろ登られると良いかも。
by Yoshiki (2015-05-31 23:10) 

LUCK

ご無沙汰しています(^^;;
私も怪我でランオフ中なんです。ケロヨンさんが骨折で5か月休養しても見事に復活されたことがとても励みになります。走らない生活は確かに味気ないですが、一年中高いテンションで練習するのは心身共に持たないし、他のことが余裕をもってできて、こんな時間も大事だと思えます。
レースシーズンまでに遠回りしないで、お互いしっかり治しましょうね(*^^*)
by LUCK (2015-05-31 23:45) 

よーちゃん

うーむ、まさにドクターストップですね。
でもその道のプロが言う話なんで、
この際、きっちり治すべきなんでしょう。
ただ水泳に目覚めて、そっちにハマったりしてー(;^_^A

そんなkeroさんなので、5月の走行距離は勝てましたー(≧∇≦)
昨日のレースで調度200でした!
by よーちゃん (2015-06-01 07:53) 

liang

加圧トレでしっかり筋力強化して、調整期間ですね。
箱根駅伝の強豪が、夏になるまでは走らずにひたすら歩く、と
聞いたことがあります。
そしてkeroさま、ウォーキングもしっかりハード!
調整明けが楽しみです~(^_^)
by liang (2015-06-01 08:10) 

ハリネズミ

ドクターストップ・・・・心配ですね。
ムリをして後々、疲労骨折なんていうことになっても
厄介ですから、ここは休養を英断すべきなんでしょうね。
それにしても「変態ランナー」って・・・・^^;。
keroyonさんのようにめざす大会やタイムがあって
マラソンをされてる方にとっては、
たとえ走ることを生業としているわけでなくても
単純に「趣味」と割り切るのもむずかしそうですね。
by ハリネズミ (2015-06-01 08:18) 

ポッポ

旅行に行ってらしたkeroyonさんに負けました…。
キロ6分ならウォーキングでもそのくらい出ちゃうんじゃないですか?水泳にストレッチとか、スタジオプログラムも楽しいですよ♪でも、時間を合わせなきゃならないし、そのあとお風呂が混むんですよね~。
by ポッポ (2015-06-01 08:47) 

裏・市長

走らないと、何もすることがなくて時間を持て余してしまう

…失敬だな!(笑)。
ランナーってどんな人種だと思われているのだろう?。
もう一種のジャンキーのように思われているのだろう!。
「走りたい~!」「走らせてくれ~!」
「はやくドカ走りがしたい~!」ベム!ベラ!ベロ!。

ついにドクターストップ。
走らないと不安になる気持ちもわかりませんが、
わかりますけれど、
あしたのジョーも医者の言う事を聞いていれば、
真っ白に燃え尽きることもなかったと思うので、
オフ中も逐一記事にしていただいて、
どこかの誰かの参考になるようにして頂きたいもの。

あのドン・カラムーチョ、英語喋れないの!?。
逆に英語しか喋れなさそうなのに!。
イメージ詐欺や!騙されてばかりや!。
by 裏・市長 (2015-06-01 10:03) 

昆野誠吾

フルマラソンにウルトラマラソン、
峠走や普段のハードな練習をこなす
スーパーウーマンの印象が強いんですけど
やはり生身の体(当たり前ですけど^^;)ですよね。
走ることが仕事だったら身体の管理も
かなりシビアに見るのかもしれないと逆に思いましたね。
趣味であるから無理も気にならない、ってことなのかも!?
何にせよお身体大切に^^
by 昆野誠吾 (2015-06-01 18:37) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★Yoshikiさまへ
 少々の痛みでも「走らないと」と思うのはやっぱり「変態」ですよね(^^;
 でも最近は、1ヵ月ほどのんびりし、取れた痛みはあるものの、
 残っているところもあって・・で、走りながら不安になってしまいますし、
 痛いと思いながら走っていても楽しくないので、休もうと思いました。
 ウォーキングは退屈ですが、山はいいですね(^^)
 本日、脚もいい感じの筋肉痛で、あれくらいの行程なら、ちょうどいい
 トレーニングになりそうです。
 「ふだんの練習のかわり」ですので、それほど時間はかけられず・・
 ですから、行先はあまりレパートリーは増えないかも・・ですが(^^;
 ありがとうございました!

★LUCKさまへ
 いつもありがとうございます。
 LUCKさまもランオフ中でしたか!
 みなさん、ケガをしたくてしてるわけではなく、ふだんから気をつけて
 いらっしゃるでしょうけど、やっぱり人間ですから、たまにはこういう
 こともありますよね・・。
 私は、周りの方が、年間通してガンガン走っておられたり、大会も
 年中出ておられたり・・を見ていますと焦ってしまったりもするのですが
 LUCKさまおっしゃるとおり、私は一年中高いテンションでやっていく
 のは難しいですので、たまには余裕をもたせて生活する時間も
 必要ですよね。
 LUCKさまもどうかお大事になさって下さいね・・。
 レースシーズンにお互い元気に走れるよう、私も今はガマンして
 治します。
 温かいコメントありがとうございました。気持ちがラクになりました!

★よーちゃんさまへ
 目標にしている大会前なら少々の痛みはガマンして・・ですが、
 今も、練習をしていきたい時期ではありますが、大会が迫っている
 わけではないですから、痛みを抱えながら走るのは不安ですし、
 楽しくないので休むことにします。
 年々、治りも遅くなっていると思いますから、早めに対応して
 おかないとますます治りが遅くなりますもんね・・。
 水泳は、一応泳げますが、ハマるほどではありませんよ~~(^^;
 走行距離、ぴったり200とはなんてキリのいい(^^)
 お疲れ様でした!

★liangさまへ
 実業団のトップ選手でも、年間通して高いテンションでやっておられる
 わけじゃないですよね・・。
 ちょっとムリしましたので、もう少し休みます。
 ウォーキングは退屈なんですよね~。
 山はその点楽しいですので、週末はできる限り山歩きを・・と思って
 おります(^^)

★ハリネズミさまへ
 年々、ケガや故障の治りは遅くなっていってると思いますので、
 目標の大会をひかえている時期ならともかく、そうでないなら
 軽傷のうちに対応しておくほうがいいかな・・と。
 疲労骨折とかまでいってしまったら、治るまでちょっと大変だと
 思いますので・・。
 私の周りにいる「変態ランナー」さんたちは、ちょっと「趣味」の
 域を超えてしまっているでしょうね(^^;
 かなり「生活の中心」になってしまっていますので・・。
 でも、「他にすることがない」ってこともないですけど(^^;

★ポッポさまへ
 ここ最近は、5月は100キロのあとの休養と、旅行にも行きますので
 どうしても走行距離が・・(^^;
 脚が問題なければもう少し走ったと思いますが・・。
 ウォーキングでキロ6分はちょっとムリです~(^^;
 ジムのスタジオプログラムも行ってみたいですけど、時間を合わせ
 るのがめんどうですよね(^^;
 ほとんど行ったことないんです(^^;
 お風呂、確かに団体さんが来られることあります~~。

★裏・市長さまへ
 「走らないと、何もすることがなくて時間を持て余してしまう」
 本当、失敬な!・・ですよね(^^;
 そんな人、いるんでしょうか(^^;
 でも先生のところにはたくさんのランナーさんが来られていますから
 そういう方もいらっしゃるんでしょうね(^^;

 最近ではすっかり「走ることは生活の中心」になりつつありましたので
 走らないと味気ないですし、不安にもなりますし・・ですけど
 痛みがあるまま走り続けていましても、そのうちひどくなってしまって・・
 になると思いますので、軽傷のうちに対処しておくのが、結局は
 早く走れるようになる方法かと思います・・。
 今はガマンします・・。
 3年前の骨折中、「走らなかったら(ブログに)書くこともないやろな」
 と思いつつ結局毎日更新していました(^^;
 今思うと不思議なくらい元気に過ごせていました・・。
 あのときよりははるかにマシな状態ですので(^^)

 ドン・カラムーチョ、英語はダメなんだそうです。
 英語どころか、スペイン語とかイタリア語なんかがしゃべれそう
 ですけど(^^;

★昆野誠吾さまへ
 スーパーウーマンなんてとんでもないです!
 練習会でお見かけする女性ランナーさんたちの中では私なんて
 フツウです(^^)
 そう、生身の人間ですので、やっぱりムリは続かないですね・・。
 年々、治りは遅くなる気はしますし、故障はひどくなりきらない
 うちに対応しておかないと長引きますので・・・。
 もう少し休むことにします。ありがとうございます!
by keroyon (2015-06-02 00:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]