So-net無料ブログ作成

読書メモ♪ [本]

この作家さんの本は、○ックオフで見つけたら購入するようにしているワタクシ、
これは少し前に購入しておりましたが、後回しにしていた本、

001.JPG

「民王」 ( 池井戸潤さん)


何で、後回しにしていたか・・と言いますと、
裏表紙の「あらすじ」などを見ますと、
これまでの池井戸さんの作品と、少し雰囲気が違うような気がしましたから・・。

・・・・・と思いましたら、
やっぱり、これまでの作品と少し雰囲気が違いまして、
感想を一言で申しますと、
『一見、軽~い感じのお話かな~と思ったけど、意外と深い気もして、よかった♪ 』

何となく?ですが、
奥田英朗さんの「伊良部先生シリーズ」みたいな雰囲気がしないでもなく。


わりと最近書かれた作品のようです。

「政治エンタメ」の分類になるようで。


「本作品はフィクションであり、実在の個人・団体・事件とはいっさい関係ありません」
とありますが、
少し前に、日本の政治で実際に起きたこと、ニュースになったことが
モデルになっているような気がしないでもない(^^)
(それの「パロディ」風?と言うべきか)


「銀行モノ」「企業モノ」「ミステリー」が多い池井戸さんですが、
今回の作品は、
それらとはまたちょっと違う・・・と言いますか、
そういう内容も含まれてはいるんですけど(銀行モノではないですが)
それプラス「コメディ」「政治」という感じでしょうか。

たまたまワタクシが最近読みました池井戸さんの作品は、
ちょっと重苦しい雰囲気のモノが続いたのですが、
今回のはコメディータッチ、
おもしろく読めましたが、
最初は、ちょっと軽い感じ??という気がしないでもなかったですけど、
内容はなかなか深い気が。


総理大臣の父親と、そのバカ息子の「中身」が入れ替わってしまう・・
(他の腹心の政治家、敵対する党の政治家にも同じことが起きる)
という出来事を通して、
政治家の父親、
就職活動中の大学生の息子、
それまでは分かり合えなかった親子のようでしたけど、
入れ替わった相手(=外見はもともとの自分)が必死でもがく姿を目の当たりにして、
最後には、それぞれの立場をお互い理解でき、無意識に尊重し合っていて、
本来の自分が忘れていたことに気付けたり・・。


池井戸さんの小説は、
「企業モノ」なんかでも、
「勧善懲悪」「ハッピーエンド」な雰囲気の作品が多く、
「現実にはそううまくはいかないと思うけど」・・・と思いつつも、
「そうあったらいいのにな」と、「希望」のようなものを感じさせてくれて、
スッキリとする読後感のよさが好きで。


今回の作品も、
「政治」「就職活動」その他に関して、
「現実にはそううまくはいかないやろうけど」・・とは思うものの、
それぞれの登場人物の言葉に感動したり、
ホロリとしたり・・。


そんなわけで、
「ハチャメチャ」な感じの小説か???という感じで始まりましたが、
それだけに終わらず、
感動したり、ホロリとする場面あり、
「刑事モノ」の要素ありで続きが気になってズンズン読めますし、、
軽いようで深く、
そして読後感のよい作品・・という印象(^^)


レビューでは、あまり評判がよくないようなのを見た記憶があったんですけど
ワタクシの中では、
これまで読んだ池井戸さんの作品の中で、かなり上位にランクイン(^^)


今月は、
前回読みました分厚い「還るべき場所」の「二度読み」をし、
前クールのドラマ「流星ワゴン」の「まとめ見」したところ、
『こんな話やったっけ?』と思って、原作をもう一度読み返しておりましたので
新しい本はどうかな・・と思いましたが、
今月も、「新しい本2冊」はどうにかクリア(^^)

「流星ワゴン」は、
以前、RUN友さまから本をいただきまして、読んでおりました(^^)
でもやっぱり、時間が経つと細部はすっかり忘れていますね・・。
今回、ドラマをまとめ見したのをきっかけに、読み返してみました。

ドラマのほうが、ちょっと「いい」設定にしてますね。
やっぱり、映像として流す・・ということを意識して・・でしょうか。
本のほうがもう少しドロドロした感じに思いました・・。

(「流星ワゴン」の「読書メモ」http://genkikeroyon.blog.so-net.ne.jp/2011-10-22#more


<本日のトレーニング>

オフ

整骨院にてメンテナンス

・・・・・やっぱり、上腕が少々筋肉痛(^^;
思ったよりはマシでしたが・・。
ふだん使ってないということですね(^^;


2015-04-28 22:46  nice!(45)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 45

コメント 7

よーちゃん

なるほど、伊良部先生シリーズっぽいと言われて
雰囲気が理解できましたー(^_^)
今日は2時から横須賀のダイエーでライブ。
その前にひとっ走り行ってきます!
by よーちゃん (2015-04-29 05:47) 

liang

池井戸さんて多作ですよね。私はそれほど読んでませんが
keroさまの読者メモだけでもかなりの数、という気が。。
ドラマと原作、どっちを先にするかで作品の印象が変わりますよね。
「流星ワゴン」原作を読んでないのでドラマも観ないようにしました。
by liang (2015-04-29 05:53) 

ポッポ

電子書籍でダウンロードしたまま読まずに放置してあるので、読書メモは薄目で読みました(^-^)。流星ワゴンもその状態です。
いろいろ溜まりはじめてきたなぁ..と反省です。
by ポッポ (2015-04-29 06:51) 

裏・市長

時間がないとか、忙しいとか口にするのは、
言い訳やな。と、ケロさんの暮らしっぷりを拝見してて
そう思う。時間は作るもんやな。

いま、月に2冊も定規をあてられるほどブ厚い本、
読んでないもの。定期購読でイヤでも月に2~3冊は
届く水木しげる大全集(マンガ)ですら箱に入ったまんまだ。
図書館に通うほど活字に飢えていた時代もあったのにぃ!。

2キロのドカ泳ぎしても、「少々」で済んでしまうのかよっ!。
もう変人の域は卒業だな…。鉄人だ…。ガオーッ!。


by 裏・市長 (2015-04-29 08:24) 

ハリネズミ

中身が入れ替わって、お互いを理解し合えた
・・・・設定はハチャメチャ感もありますが、
「人の立場に立って考える」の究極のカタチですね。
流星ワゴン、私もドラマを見ましたけど、
ハチャメチャな設定の割にカンペキなハッピーエンドではないあたり、
なかなかよかったなぁと。

さて、昨日の水泳の記事、クロールでの2キロだったのですね。
私はてっきり平泳ぎかと思ってました。
2キロもクロール・・・・私にはできませんので、
keroyonさんはこんなのもできるとおっしゃってた人体運搬を
お願いしたくw。
トライアスロン、絶対keroyonさん向きだと思います。
並外れたパワーをお持ちのようですし、
それにほら、自転車なら峠で知り合った方のお仲間に加えて
いただけるじゃないですか~^m^。
by ハリネズミ (2015-04-29 08:37) 

とし@黒猫

おかげさまで退院しましたが、治るには、あと2ヶ月近くかかりそうです。
また、よろしくお願いします。

自分も、流星ワゴンに乗ってみたいのです。
by とし@黒猫 (2015-04-29 09:21) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★よーちゃんさまへ
 なんとなく・・ですが、伊良部先生シリーズっぽい気がしました(^^)
 本日はライブですか(^^) いつものお衣装でしょうか(^^)
 その前にRUN、お疲れ様です!

★liangさまへ
 池井戸さん、本当、いろいろな雰囲気の作品がありますね・・。
 私もなかなか追いつかないですが・・。
 ドラマと原作、どっちを先にするか・・は悩むところですよね・・。
 でも、ドラマなら、映画より時間がある分詳しくやっていただけ
 ますので、原作を読んでいても、満足できる作品が多い気が
 します・・。
 「流星ワゴン」、ドラマはよかったですよ(^^)

★ポッポさまへ
 私も買ったまま読めてない本がまだあります(^^;
 でも、未読の本が減ってきますと、「買いにいかないと」と
 焦ってくるので、適度に数冊残しておくのがちょうどよさそうです(^^)
 読書メモは薄目(^^; 
 読書メモにはなるべく「あらすじ」「ネタバレ」は書かないように・・
 とは思っていますが・・。
 読書メモの記事はいつもけっこう難しく、「勉強」という感じです・・。

★裏・市長さまへ
 私は、仕事は定時に終われますので、わりと時間はあるほうかなと
 思います・・。
 本を読むのは好きなので・・。
 でも、気が進まないことはなかなか取りかかれませんね(^^;

 定期購読しているモノは、ちょっと油断しますとたまっていきそう
 ですよね・・。
 
 水泳は、やはり使うところがふだんと違ったようで、整骨院の
 院長にも肩まわりが張っていると指摘されました(^^;
 本日の記事にアップ予定ですが、私なんかはかなりフツウの人間
 で、チームにはもっともっと「変人」さんがいらっしゃいます(^^;

★ハリネズミさまへ
 中身が入れ替わると、イヤでも「相手」の立場で行動しますから
 本当、「人の立場に立って考える」の究極のカタチですよね。
 流星ワゴン、ハリネズミさまも見ておられましたか(^^)
 香川さんの役がかなりハイテンションでしたね(^^;
 ネタバレで失礼しますが、原作では、奥さんは本当に「浮気癖」
 となっていまして、「ギャンブル癖」はドラマ用の設定のようです。
 なので、原作のほうがちょっとドロドロした印象でした。

 水泳の人体運搬、実際に溺れている人を運ぶ場合、
 溺れた人は焦っておられておとなしくしてないでしょうから、
 大変だろうなと思いますが、試験では、お互いじっと運ばれる
 役もやりましたので、ラクチンでした(^^;
 トライアスロン、いや~、3種目の練習をするのはかなり大変
 そうです・・。自転車のメンテだけでも、考えただけでも大変そう(^^;
 走るだけで精いっぱいです(^^;
 でも、自転車をやるなら、峠で練習されてる人たちのところに弟子入り
 したいです(^^)
 (練習はかなりキツそうですが・・)

★とし@黒猫さまへ
 大変な中、コメントをありがとうございました。
 また、大変なときにご訪問もいただきありがとうございました。
 記事を拝見して気になっていたものの、読み逃げで失礼して
 おりまして、申し訳ありませんm(_ _)m
 私も昨年、自身でも実感しましたが、としさまの本日拝見した記事
 でも、改めて、定期的に健診を受けることが大事やなぁと
 思っておりました。
 流星ワゴン、私も、怖いですけど乗ってみたいです・・・。

 どうか、お大事に・・。
by keroyon (2015-04-29 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]