So-net無料ブログ作成

コンサートに♪ [舞台・映画]

なかなか体調がスッキリしきらず・・なのに、遊んでる場合では・・(><)
なのですが、
チケットを取ったのは6月くらいでしたでしょうか、
検診に引っかかる前だったかその頃だったか・・でしたけど、
今年も楽しみにしておりました、葉加瀬太郎さんのコンサート、
行ってこれてよかったです(^^)

* (ちょびっと)ネタバレ注意
* コンサートの内容等につきましては、ワタクシのメモによりますので
   聞き間違い等はご容赦下さいm(_ _)m

* 長文注意報、発令中・・・。

8月6日の新聞に、
一面どか~~んと広告が(^^)

002.JPG

チケットは取ったものの、内容をよく把握してなかったワタクシ(^^;
新聞の広告ページを見まして、
『今回のコンサートツアー、これやわ~~♪』

この日は、
今回のコンサートツアーのテーマとなりますアルバムの発売日だったようです。

ベストアルバムのようで、
曲目を見ますと、ほとんど知ってる(持ってるCDに入ってる)曲。

・・・・・ですが、
好きな曲がいっぱい収録されていることと、
「全曲新録音」ですって(^^; (←商売上手)

でも、ほとんど知ってる曲なので、
コンサート前に、予習のために買う必要はないから、
今回も、コンサート会場で買って、「握手券」をゲットすることに(^^)


そんなわけで、昨日は、
久宝寺緑地での練習会のあとはすぐに帰らせていただく予定で、
ぱぱぱ~っと用意してすぐに出ないと・・と思っておりましたが
結局、練習は、体調もひとつで早々に切り上げましたので、余裕をもって・・(^^;

練習をちゃんとこなして気分よく行きたかった気がしないでもなかったですが
体調もひとつだったからちゃっちゃと動くパワーがあまりなく、
余裕もって行けてよかったかも。


葉加瀬さんのコンサートは4回目♪

7~8年前に一度行ったことがあり(たぶん、旧厚生年金会館でした)、
そのあとは少し間があいて、ここ3年は年1回ずつ。

一昨年のは、オリックス劇場(=旧大阪厚生年金会館)。
昨年は、堺市民会館でした。
(レポはコチラ http://genkikeroyon.blog.so-net.ne.jp/2012-10-27#more
http://genkikeroyon.blog.so-net.ne.jp/2013-09-23#more


今回の会場はフェスティバルホール。

新しくなってから初めて行きましたけど、
めちゃくちゃきれいになりましたね~~(^^)
肥後橋駅の出口から直結で、便利です♪

会場入り口付近にて
003.JPG


ロビーなどもきれいです♪
004.JPG


葉加瀬さんは関西人でいらっしゃいますので、
フェスティバルホールは、子どもの頃から(古いほうの頃から)
何度もクラシックのコンサートを聴きにきた思い出の会場とのことで、
「ここで今こうしてコンサートができることは本当に幸せ」
みたいにおっしゃっておられました。

ちなみにフェスティバルホールの大阪公演は、この土日の2日間でしたが
チケットは完売だったそう。
すごいなぁ・・。

ワタクシは、コンサートツアーを追っかけて・・とか、そこまで熱烈なファンじゃなく、
アルバム所有枚数は7枚程度、
それを順繰りにほぼ毎日聴いてる・・程度のファンですから
ファンクラブにも入っておりませんけど、
今回もチケット取れてよかったです(^^)

今回は2階席。
005.JPG


開演15時、
会場が暗くなり、バックメンバーがスタンバイ、
最後に葉加瀬さんがご登場され、
いよいよ演奏が始まりました♪


今回のコンサートは、
先ほども書かせていただきましたように
ベストアルバム「エトピリカ」の内容を中心にされたもの。

今回のアルバム&コンサートのこだわりは「アコースティックサウンド」
ということだそうで、
一昨年、昨年のコンサートでは、バックメンバーは、「バンド」という感じでしたが、
今回は演奏が始まり、舞台を見て、『あら!!』と思いましたのは、
ピアノのマチェク君以外はみなさんバイオリン(の仲間の楽器)。
(第二部ではギターも出ましたが)

ファーストバイオリン、セカンドバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、
そして葉加瀬さんの6名と、
ピアノのマチェク君の計7名。

みなさん、黒と赤(ワインレッド?)のお衣装でご登場。


昨年は、「JAPONISM」のポスター(=CDジャケット)と
同じ格好っぽいシルエットの葉加瀬さんがご登場・・といった演出でしたが、
今回は静か~な感じで始まりました。

1曲目は、アルバムのタイトル曲でもあります「エトピリカ」

ドラムやその他の楽器がない分、お腹にズンズン響くような迫力はやや劣るかも?ですが、
その分、バイオリンの音色、バイオリン独特の迫力をじっくり味わえる感じ、
これまで鑑賞しましたコンサートよりも「しっとり」とした雰囲気です。
そういうのも好きなので、ワクワク♪



今回の内容は以下♪

 1.エトピリカ
 2.シシリアンセレナーデ   
 3.ZERO HOUR
 ~~~MC~~~
 4.長崎夜曲
 5.HANA 組曲「NIPPON」より
 6.冷静と情熱の間        
 ~~販促コーナー~~ ←葉加瀬さんによるグッズの販促 
 7.Asian Roses (アジエンスのCM曲)
 8.リベルタンゴ

 ~~~休憩~~~

 9.新世界のフェスタ
10.History of the future
 ~~~メンバー紹介~~~
11.大地を繋ぐ樹の下で(チェロの柏木広樹さんの曲)
12.WITH ONE WISH (日医工イメージソング)
 ~~~葉加瀬太郎のクラシック音楽講座 「あの人この人どんな人?」~~~
13.前奏曲とアレグロ(クライスラー)
14.トリッチ・トラッチ・ポルカ(ヨハンシュトラウス二世)
15.ハンガリー舞曲(ブラームス)
 ~~~以下、アンコール~~~
16.情熱大陸
17.ひまわり(朝ドラ「てっぱん」のテーマ曲)


真っ暗な中、書きとめましたので、
自分の字ですが、ぐちゃぐちゃ(^^;

「WITH ONE WISH」とクライスラーの話を重ねて書いてしまってて
「WITH・・」を見落とすところでした(^^; (危なかった)


最初3曲続けて演奏。
どれも好きな曲で、いきなり感動~~(;;)

「エトピリカ」はいろんなアルバムに入っていますし、
コンサートでも必ず演奏されている感じですが、
アレンジが変わるとぐっと雰囲気が変わる曲やなぁと思います。

葉加瀬さんの曲は、
ワタクシの勝手な分類によりますと、
「しっとり系」「癒し系」「静かやけど力強い系」「かっこいい&激しい系」「かわいい&元気系」
と、大ざっぱに分けたらこんな感じでしょうか、
2曲目の「シシリアンセレナーデ」、「しっとり系」の涙が出そうになる曲がきたかと思えば
3曲目は「かっこいい&激しい系」の「ZERO HOUR」・・と、
雰囲気の違う曲でたまりません♪

「ZERO HOUR」は、
いつもはアルバム「WITH ONE WISH」に入っているのを聴いていますが、
今回の演奏は違ったアレンジで、とってもよかった(;;)


3曲終わって、最初の挨拶を兼ねたMCタイム。
先ほども書きましたように、大阪出身の葉加瀬さん、
フェスティバルホールについての思い入れ他、楽しいトーク。

今回のコンサートツアーは、9月4日から始まっておりますが、
今回、初の試みとして、
「1回のツアーで、47都道府県すべてまわる」にチャレンジされているのだとか。

47都道府県すべて・・は、これまでもちろんまわっておられるのですが、
1回のツアーですべて・・は初めてだそうで。

全56公演(プラス、年末に追加公演3公演あり)中、昨日の大阪2日めは12公演め。
まだまだ先は長いですが、お体に気をつけて「完走」していただきたいです(^^)


4曲目の「長崎夜曲」、こちらは新曲のようです。
今回のアルバムにも入っています♪
ワタクシの(勝手な)分類では「癒し系」ですかね(^^)


6曲めのあとにはMCタイム、
恒例の?「(コンサートグッズ)販促コーナー」でした。

ワタクシ、今回、
会場に入りまして、先にCDを買っておこうと。
休憩中は混みそうなので、開演前に購入して、「握手券」をゲットしておかねば・・と思いまして。

その隣にグッズ売り場がありましたが、
そう、今回、
「タローキティ」がなかったんですよ~~(><)

前回売り切れだったので、今回こそゲットしたかったのに~。

「販促コーナー」でも、タローキティについては葉加瀬さんは何もおっしゃいませんでしたが
販売をやめたのかしらん。

これがいちばん売れてたように思ったんですけど(^^;

ちなみに前回のはコチラ。
005.JPG

サンリオとのタイアップ商品で、
髪の毛もじゃもじゃでバイオリン持ってるキティちゃんです。

そんなわけで販促品は
「パンフレット」、
「はかせんす」、
「はかせんべい」はなくなり、ラスクになったそうで、「タロスク」(←ちょっとムリヤリ感) 、
あと、「アコースティック」つながり?か、「お箸」(←こちらもかなりムリヤリ感) 。

「はかせんす」ですが、
今回発売のは羽がなくなって、えらくシンプルになっていました(^^;

これまでのはこんな感じで
009.JPG

7色くらいあったのかしら、
これは、アンコールの「情熱大陸~ジュリアナ東京バージョン?~」のときの必需品なのですが、
今回は「アコースティック」ということで、しっとりした感じのコンサートのようですけど
それでも発売されてるってことは、やっぱりアンコールのアレはあるのよね?
と(^^)

販促タイムにも葉加瀬さん、
「あと2曲済みましたら休憩です。今回もアンコールの例の曲、
 10分間たっぷり割り当てていますので、(はかせんすを)お持ちでない方は
 休憩中にお買い求めください。休憩中に買わな意味ありませんから(^^;」
みたいにおっしゃっていました(^^)

羽がなくなった理由については、
「コンサートにはいいけど、ふだん使えない」
という要望があったそうで(^^;

なんせ、振れば羽が飛び散るもので(^^;
ふだん使えばもちろん羽が飛ぶ、
サンマでも焼こうものなら、羽が飛んで引火する・・というわけなので
羽なしのシンプルなものになったそうで。
ちなみに、「フラメンコ仕様」だそうです。
(=フラメンコの方が手にもって踊られてるヤツ)

え~~?! ふだん使わなくてもいいやん。
色とりどりの羽扇子が客席で舞う様子は見てて壮観やったのに~~。

ワタクシは、羽が抜け落ち切るまで、羽バージョンを使うつもり(^^)


あと、葉加瀬さん、
お姿見ても何となく思いましたが、体重が5キロほど落ちたのだとか。

で、それをキープするために、今、ウォーキングをされてるそうで。
大阪公演中も、大阪市内を歩いておられたそうで、
お見かけしたかった~~。

で、「何が言いたいかと言うと」との前置きがあり、
「パンフレットに写っている写真は太ってますから!」
とのことでした(^^;


いつも思うのですが、
こういったMCでの「グッズ販促」、
ぜんぜん「イヤミ」とか、「押しつけがましく」聞こえないんですよね。
そういうのってやはり、
「しゃべりのうまさ」、そして、「お人柄」なんでしょうね。



そのあとは、
「Asian Roses」「リベルタンゴ」が続き、休憩に。

「Asian Roses」大好き♪
葉加瀬さんの曲の中で、ワタクシの好きな曲トップ3に入ります♪

ワタクシの夢は、
宝塚歌劇のショーの演目で、葉加瀬さんの曲が使われること。

「Asian Roses」はほぼ毎日聴いていますが、
ワタクシの妄想がかなりふくらみ、
この曲を使った、宝塚のショーの一場面がワタクシの頭の中では出来上がっているほど(^^)

スパニッシュな感じのお衣装と振付で・・・(^^)

でも思いました。
芝居の担当の演出家の先生は、台本を文章で書いていけばいいと思いますけど
ショーの先生は、作るときどうやって書いてはるんやろ??
一度、宝塚のショーの台本を見てみたいです~~。


脱線しましたが、
「リベルタンゴ」も、宝塚の芝居、ショーで何度か使われたことのある曲、
この曲も好き~~。


休憩が終わりまして、
「新世界のフェスタ」はワタクシ初めて聴きました。 (と思う)
初期の頃のアルバムに入っているそうで・・。

「History of the future」は
アルバム「JAPONISM」でいつも聴いていますが、
違うアレンジのように思いました。新鮮♪


このあとは、メンバー紹介♪
今回は男性ばかり。

ピアノのマチェク君と、チェロの柏木さん、コントラバスの方は、
年に1回程度のワタクシでもさすがに覚えた!といういつものメンバー(^^)

葉加瀬さんがメンバーのみなさんに「アンケート」をされて、
その答えを発表する・・という感じで楽しく♪

大阪にちなんだ内容もありました。

あと、マチェク君、
彼は、ワタクシが初めてコンサートに行った7~8年前くらいに
葉加瀬さんのメンバーになられたポーランド人の男性。

すっかり日本語もお上手になられてるみたいで(^^)

コンサートではいつも、恒例の?
「マチェクの今日の一言」というコーナーが(^^)

マチェク君が気になった日本語が、垂れ幕?に書かれて発表されます。

大阪公演2日目・・ということで、「今日の一言」は、

・・・・・「○ナテン中古車センター」でした(^^;

舞台上のメンバー、客席とも大爆笑。
関西に来られてから、CMでも見られたんですかね(^^)

葉加瀬さん、
「さて、マチェクから発表してもらいましょう、どうぞ!」

マチェク君、ふつうに読み上げるかと思いきや、
「♪○ナテン中古車センタ~~♪」
あのCMの曲を歌ってくれました(^^)

さらに大爆笑。

メンバーさんみんなおもしろい(^^)


最後に、コンサートの音楽監督でもありますチェロの柏木さんの紹介になり、
そこから、
「(話は終わって)演奏に戻りましょう」
みたいな流れで、次は柏木広樹さんの曲
「大地を繋ぐ樹の下で」

前々回でも確か演奏されましたが、
今回、柏木さんより曲についてのお話があり、
「屋久島に行ったときに作りました」とのこと。
そうだったんですね(^^)


日医工イメージソングの「WITH ONE WISH」、
これもステキな曲、
いつもと違うアレンジだったかなぁ。よかったです♪


ここからは、クラシックの曲が3曲続きました。

まず、
「葉加瀬太郎のクラシック音楽講座~あの人この人どんな人?~」

ボードを使って、「講義」形式で、
「クライスラー」についてのお話を伺いました(^^)

で、クライスラーの「前奏曲とアレグロ」

ヨハンシュトラウス二世の「トリッチ・トラッチ・ポルカ」、
間にメンバーを巻き込んだ?アドリブっぽい演出も入り
クラシックですけど楽しく・・という感じ。


ブラームスの「ハンガリー舞曲」

これら3曲は、みなさん「どこかで聴いたことある」曲やと思います(^^)

葉加瀬さんはブラームスがお好きみたい。
「ハンガリー舞曲」は、今回のアルバムにも入っています。

曲の終盤の「アンダンテ」のところは、
アルバムのブックレットの説明によれば「回りたくなる」とのことでしたが、
メンバー全員、本当に「回って」演奏されていておもしろかったです。

でも最後は、ビシっと全員カッコよく決めておられてステキでした(^^)


以上で本編終了、
アンコールはいよいよアレです(^^)

「アコースティック」な雰囲気のコンサートと言いつつ、
この曲はやっぱりやるのです(^^)
このときばかりは客席もスタンディングです。

今回は、単純な「情熱大陸」ジュリアナ東京バージョン・・・という感じではなく、
なんでしょう(^^; ??

前にも、メンバー全員が舞台前方に出てこられて、
フォーメーションが変わっていく「踊り」が披露されましたが、
今回は、かなりダンスシーンがバージョンアップされたような(^^;

葉加瀬さんと柏木さんによる「デュエットダンス」??もありましたし、
なんかまさに「宝塚のショー」のようじゃありませんか!

ぜひぜひ、「宝塚のショーを葉加瀬さんの曲で!!」
ワタクシの夢、いつか叶ったらいいな~~。


しっかし、このアンコール、ハードだ・・。

みなさん、バイオリン(の仲間の楽器含む)、ピアノ・・と、
一見、「インドア」派の、マジメでおとなしそうな方々かと思いきや、
ああいう「ダンスシーン」?をマジメな顔してやるところがすばらしい。

年末まで続くこのツアー、
どうかお体気をつけて、足腰痛めずに、最後まで踊り切って下さいませ(^^)


2階席から見てた感じ、
「はかせんす」は、新しいバージョンを持ってる方もけっこうおられたみたいな感じ。
みなさん、毎回買ってんの??
でも、旧バージョンの羽のほうを持ってる方もけっこうおられました(^^)

個人的には、羽バージョンのほうが絶対に綺麗やと思う!!


(前回もそうでしたけど)これ1曲で10分間割り当て・・という、
いつもすごい気合の入れようですが(^^;

アンコールはこれで終わりかと思いきや、
最後にもう1曲、
「ひまわり」をやっていただけました。
これは、朝ドラ「てっぱん」のテーマ曲だった曲です。

あの震災のときに放送されていた「てっぱん」、
震災後何日か放送が延期になっていたようで、
放送再開後に「またこの曲を毎朝聴けてうれしい」というお手紙がたくさん届いたのだとか。
葉加瀬さんの中で、「大事に演奏していきたい曲」なのだそうです。


以上17曲をもってコンサートは終了。

あ~~、よかった~~~。

バイオリンの音色って、
本当に、やさしくて、力強くて、あたたかくて・・・。

聴いていて、
体の奥から力がわいてくる音色・演奏。

やっぱり、 生演奏はいいな~♪
CDで聴くのとちがいますね(^^)


来年は、葉加瀬さんデビュー25周年の節目の年だそう。
チケット事情は厳しくなるのかどうか分かりませんが
来年もまた行きたいな~♪



このあとは、「握手会」、
開演前に購入しましたCD
007.JPG
についています「握手券」
006.JPG
で、握手会に参加できます(^^)


前回に続いて2回目(^^)

30分・・も待たなかったかな、
わりと早くに準備が整い、握手会。

葉加瀬さん、Tシャツに着替えてご登場。
5キロ痩せたっておっしゃっていまして、
舞台上のお姿を見てたら「うん、確かに痩せはった」と思ったんですけど、
黒メインのスーツだったからか、着痩せ効果?
白いTシャツ姿はやっぱりごっつかった(^^;

そう、舞台では(上にも横にも)かなり大きく見える葉加瀬さんですが、
目の前で拝見しますと身長はそうでもない。
ワタクシ(=172センチ)と同じか少し低いかな??くらい。

でも舞台ではすんごく大きく見えます。
存在感でしょうか・・。


今回は、握手会の前にトイレに行っといたんで、
自宅に着くまで手は洗いませんでした(^^)


このあとは、余韻にひたりつつ(^^)

コンサート、曲はもちろんすばらしかったですけど、
生演奏、そして、メンバーのみなさんが実際に演奏されている姿を見るのも好きです(^^)


葉加瀬さん、
とにかくカッコよくって、ステキな人だ~~。

確か前回のレポでも書いた記憶がありますが、
葉加瀬さんを見ていますと、
「男性のカッコよさ」って、つくづく、「顔」や「スタイル」じゃないな~って思うんですよね~。
(葉加瀬さん、ごめんなさい・・)


ワタクシが思う、葉加瀬さんの魅力・・。
「ギャップ」かな・・と。

葉加瀬さんは、「同い年」(学年は1コ上)ということもあり、
なんとなく親近感があるのに加え、
大阪ご出身なので、
大阪弁でのトークもとてもおもしろく、
「気のいい、おもろい、大阪のにいちゃん」って感じの方。

そういうおもしろいにいちゃんが、
さっきまでおもしろい話をしていた・・と思ったら、
ひとたび演奏が始まると、真剣な表情で、髪をふり乱しながらバイオリンを演奏されている・・
というお姿が、なんともいえずカッコいい♪
(それも、ご自身が作られたステキな曲を♪)

オーケストラの指揮者の方なんかもカッコいいな~と思いますし、
バイオリンを演奏されているお姿もとってもカッコいいな~~と思います♪


チェロの柏木さんも、
演奏しておられるお顔は真剣そのものだったり、
ときおり、演奏中にメンバーと目を合わしておられるときの笑顔がとってもステキだったり(^^)
で、そんなマジメそう~~な柏木さんが、
「情熱大陸」で、メンバー全員と踊っておられるお姿が、またなんともかわいい感じ♪

(柏木さんは、ワタクシが毎週楽しみに見ております「タカラヅカ カフェ ブレイク」の
 テーマ曲「航海記」の作曲・演奏をされていまして・・。
 たまたまでしたが、なんだか勝手にご縁を感じています(^^) )

う~ん、「ギャップ」というものは、やっぱり、「キュン」ときますね(^^)


新しい「アルバム」、まだウォークマンに入れてないけど、
これを聴きながら、また1年がんばれそう(^^)
(効果持続が長い♪)


ヅカレポもそうですが、「好きなこと」は語りだすと止まりません(^^;
長文、失礼しました(^^;


<本日のトレーニング>

オフ


2014-09-29 22:00  nice!(49)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 49

コメント 7

ポッポ

「エトピリカ」って鳥の名前なんですね。
北海道人なのでピリカ(美しい)という言葉には馴染みがありますが、はじめて聞く単語でした。
「キロロ」とかアイヌ語は語感が美しいですよね。
私は、音威子府という町名が大好きです。
葉加瀬さんはものすごいサービス精神が旺盛なんですね。
CDに握手券なんてアイドルグループみたいなことをどんどん取り入れちゃうところがすごいですね。
by ポッポ (2014-09-30 00:48) 

ハリネズミ

keroyonさん、大興奮でしたね~^^。
「宝塚のショーを葉加瀬さんの曲で」の夢、叶う日が来るといいですね。
タローキティの販売がなかったのは残念!
羽根なしになったはかせんす、ふだん使い云々よりも
会場での羽根の散乱を考えてのことだったりして。
大興奮の中で飛び散った羽根のおかたづけ、ちょっと大変そう^^;。
会場でCD購入しての握手券ゲット、さすがkeroyonさん!
by ハリネズミ (2014-09-30 07:59) 

liang

葉加瀬さんの曲で、kero様オリジナルのショーが出来上がってる!
ってすごい!!
好きな2つを融合させちゃったんですね。
私もこのベスト盤買ってみようかな?
by liang (2014-09-30 08:30) 

BillK-ko

◯ナテン中古車センター♪ワタシも脳内再生してしまいました(^^)
昔よく、ラジオで聞きました〜
変なとこに食いついてスミマセンσ(^_^;)
by BillK-ko (2014-09-30 08:42) 

昆野誠吾

ここまで盛りだくさんに記事にできるって
すごいことですよね、葉加瀬さんもビックリでしょう!
ジュリアナ東京バージョン、羽センスを使うのが定番とか
知らないとモグリって感じなのがよくわかりました(笑
私も持っているCDの中でエトピリカ大好きです♪
by 昆野誠吾 (2014-09-30 18:00) 

kinkacho

葉加瀬さんのコンサートって楽しそうですね。
フェスティバルホール、めっちゃきれいになったでしょう?
kinkachoも改装後初めて入った時はびっくりでした。
by kinkacho (2014-09-30 22:25) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★ポッポさまへ
 「エトピリカ」、アイヌ語、鳥の名前なんですね!
 この曲は長く聴いていますが、恥ずかしながら知りませんでした。
 ありがとうございます!
 北海道は、アイヌ語を漢字にあてた地名が多いんですよね。
 美しい読み方の地名が多くて好きです。
 「おといねっぷ」!、私、通りましたよ~~。
 初めての北海道一人旅のときに。
 あのときはまだライダーではなく、「ジェイアーラー」(^^)だった
 ので、稚内、利尻、礼文に向かうため、
 旭川から稚内まで、JRで半日がかりで移動しました。
 (この電車乗ってる時間で大阪に帰れるで・・(^^; と思いながら
 移動した記憶が・・。)
 「急行礼文」でしたが、今はもう走ってないんですよね?
 (そんなニュースを読んだような・・)
 音威子府駅では停車時間があったんで、外に出て、電車とか、
 駅とか、写真を撮りました~~。かわいい駅でしたよ♪
 音威子府をすぎてしばらく走ったあたりから、オロロンラインに近い
 海沿いを走るようになり、利尻富士がちょうどきれいに見えた日で、
 車掌さんがその旨、車内放送で伝えて下さったのを覚えています。
 葉加瀬さんはサービス精神旺盛な方だと思います!
 ファン思いの方だと(^^)

★ハリネズミさまへ
 コンサート、今回もやっぱり大興奮、すごくよかったです~~。
 体調がもう少しよければ言うことなかったんですが・・。
 「宝塚のショー」をイメージできる曲が、私の中では少なくとも
 3曲はあるんです!
 私の頭の中では、舞台セット、衣装、ダンスの雰囲気・振付なんかが
 イメージできてるんですが(^^;
 葉加瀬さんは関西人ですし、「宝塚歌劇に曲を提供」も、ありえない
 ことはないんじゃ・・と、勝手に妄想しています(^^)
 タローキティ、前々回は、大阪2日のうちの初日で売り切れ・・とか
 言われていましたけど・・。残念です・・。
 はかせんす、確かに、会場側からクレームがきたのかもしれません(^^;
 かなりの羽が飛び散っていたかと(^^;

★liangさまへ
 葉加瀬さんの私が知ってる曲で、宝塚のショーをイメージできる曲が
 少なくとも3曲ありまして(^^; 舞台セットや衣装のイメージ、
 ダンス・振付など、イメージ(=妄想)できてるんですが、
 それってどうやって形にしたらいいんでしょうね(^^;
 宝塚のショーの作・演出の先生は、案をどうやって書いておられるのか・・。
 振付は振付家の先生がされるから、ショーの作・演出の先生は
 ダンスの振りまで考えないと思うんですよね・・。
 ショーの台本を見てみたいです~~。

★BillK-koさまへ
 「◯ナテン中古車センター♪」、BillK-koさまも歌えますか(^^)
 ここってやっぱり大阪の会社なんですよね・・。
 本社?(本店?)は、地名の「放出」からきてるのかなと勝手に思って
 いましたが・・(^^;
 マチェク君は、葉加瀬さんから「この歌を歌ったポーランド人は
 君一人やと思うで(^^) 」と言われていました(^^)

★昆野誠吾さまへ
 昆野さまもCDお持ちなんですね(^^)
 あまり長々と書くのも・・と思ったのですが、自身の記録という
 ことと、あと、コンサートの内容は基本どの会場も同じだと
 思うのですけど、MCの内容なんかは会場ごとに変わってくるん
 やろうなぁ・・とか思いまして、もしかして、他の会場に行かれた
 方などが訪問して下さったら・・と思い(^^; 書かせていただき
 ました(^^) でも振り返りますと、私の勝手な感想が多いですね(^^;
 まぁいいか(^^;

★kinkachoさまへ
 葉加瀬さん、関西人だからか、トークがとっても楽しいです(^^)
 他のメンバーさんもおもしろくって、楽しいコンサートですよ~。
 フェスティバルホール、めちゃくちゃきれいになりましたね!!
 びっくりしました~!
 トイレもとってもきれいで感動です(^^)(以前は狭かった記憶が・・)
 でも、トイレは、宝塚大劇場のように、「一方通行」がよりスムーズ
 ですよね(^^)
by keroyon (2014-09-30 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]