So-net無料ブログ作成

ドラマ&原作本 どちらもよかった♪ [本]

4~6月期のドラマ、「ルーズヴェルト・ゲーム」、
一気見しまして、
そのあと、原作本を読みました(^^)

「ルーズヴェルト・ゲーム」(池井戸潤さん)
006.JPG




ドラマを一気見する前に、先に、原作本を読もうとしたんですが
これまでは、たいてい、
「原作を先に読んだものが映画化、ドラマ化されたら、内容が物足りなく思える」
ことが多かったですので、
先にドラマを見てから原作を読むことにしました。

ドラマ、
ワタクシ個人的には「すごくよかった(;;)」

ネットで、
「半沢直樹」よりも評判はもひとつ・・みたいな情報を読んだこともありましたが
ワタクシは、ドラマはこちらのほうが好きです(^^)

まさに、「8対7」の「ルーズヴェルト・ゲーム」じゃないですが、
青島製作所の会社の状況も、
野球部の状況も、
次々に襲ってくるピンチで「先行」されながらも
最後には「逆転」して勝つ!・・・といった感じで
見応えのあるドラマでした~。

泣けて泣けて、頭が痛くなってしまったほど(^^;


そして、
ドラマをすべて見終ってから原作本を読みました。

その順番、今回はちょっと失敗やったかも(^^;


ドラマは、ほぼ原作通りの内容でしたけど、
設定はちょっと変えているところがけっこうあったような。

宝塚の舞台なんかもそうですが、
「先に見てしまったほう」の印象が強いのか、
ワタクシの勝手な印象ですが、
原作本よりもドラマのほうが、ちょっと「ドラマチック」に演出されている気がしました。

それに、
ドラマの記憶もまだ鮮明でしたので、
読みながらちょっと内容がごっちゃになってしまったり(^^;


でも、本はやはり、
細かいところまで描かれていますから
そういう面では深く楽しめる気がします。

池井戸さんの本はすごく好きなので、
全部制覇・・はまだですが、けっこう読んでいますけど、
今回のは、「会社」「ビジネス」だけじゃなく、
「野球部」の話が絡んでいて、
「会社」、「野球部」それぞれの「戦い」が、通じるものがあるというか、絶妙で、
とってもおもしろく思えました。


そんなわけで、今回は珍しく?
ドラマのほうが、おもしろさ等、内容は勝るような気がしましたが、
原作本のラスト、エピローグは、
池井戸さんらしい「勧善懲悪」、「マジメにやってる者が最後に笑う」といった雰囲気で、
(ドラマよりも)ちょっと皮肉な内容でもありますが、おもしろい幕切れのように思いました。

・・・・・と言いつつも(^^;
最近よくやっています、読み終わってすぐの「二度読み」、
二回読みますと、やっぱり本もおもしろい!!

たぶん、本を先に読んでからドラマを見たとしましたら、
「やっぱり本のほうが・・」と言ってたかもしれません(^^;


いつからでしたっけ、何かでチラっと読みましたが、
今度は、織田裕二さん主演で池井戸さんの小説(「株価暴落」でしたっけ)が
ドラマ化なんですか?
ワタクシ、まだ読んでいない原作本ですので、
そちらは先に読んでおこうかなぁと思い、
先日のブックオフでの「ドカ買い」でゲットしておきました(^^)


<本日のトレーニング>

・ ジョグ6キロ

・ エクササイズ(腹筋、腕)


今日から入浴も運動もOKと言われておりましたが
体調もひとつの時期になってしまい、昨日~今朝にかけて体調が・・(--; 
(暑くて・・もあるのか)
午前中は、仕事していても辛くてあまり走る気がしませんでしたが、
そのあたりが辛さのピークだったみたいで午後からはラクになり、
3日空いてしまっていますので、やっぱり軽く・・と思い、のんびりジョグ。

体調もひとつ・・もあるとはいえ、やっぱり3日あくとしんどい気がします・・(^^;
師匠、岩本さんが、著書で
「3日走らない日を作らないこと」(=3日あけると「走るモード」の体がもとに戻ってしまうから)
とおっしゃっているのがよく分かります。


傷口を大きくふさぐように防水になったテープが貼られていましたが
それも今日からはずしてOK。

テープが強いからか、貼ってるところが引き攣れて痛いような、
汗かいてるからか貼ってるところがかぶれてかゆいような・・。
はがせてほっとしました。

検診を先月受けたので、その流れからこの時期になりましたが
やっぱりこういうのって、あんまり暑い時期は考えものかも・・と。

まぁでも、異常があった場合は時期は選んでられませんが、
お風呂のことや、化膿したりとかを考えますと真夏はねぇ・・。

そういえば昔、ピアスをあけたときも、
「暑い時期は化膿するかも・・やからやめといたほうがいい」
って聞き、寒い時期にあけた記憶があります。


2014-07-28 22:16  nice!(41)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 41

コメント 8

とし@黒猫

去年、7月に 足首を 8針ぐらい縫ったところに
テープが貼られていましたが、毎日交換用の
テープが出ていたので、貼り換えていました。
早くトレーニングに復帰できるとよいですね。
by とし@黒猫 (2014-07-29 00:38) 

裏・市長

追い詰められた者が最後は逆転して勝つ…。
一番ドラマティックで「燃える」展開ではありますが、
こないだの高校野球の試合!。
見た?聞いたぁ?!9回裏で9点取って逆転勝利!。

そんな漫画みたいな事が現実にあっていいものか?!。

0点のまま9回裏まできたキミら何やってたんや?、
9回裏で9点取られたキミら、何しとったんや?。

人生どこでどう逆転劇があるかわかりません。
軽くでも、もう走ってらっしゃるのね。
暑い時季なので焦らず騒がず、ほどほどにがんばって。

by 裏・市長 (2014-07-29 05:23) 

ハリネズミ

ルーズヴェルト・ゲーム、私も観ました。
いわゆるハッピーエンドだったので、
読後感ならぬ「観後感」はすっきりした感じでしたね^^。

そうそう、化膿のことを考えると、
体を切ったり貼ったりするのは夏場は避けたいところですよね。
実家の母も昨年、白内障の手術をしましたが、
やはり夏場を避けて秋になってからでしたし・・・・。
そういったことも含めると今回のkeroyonさんの再検査は
いろいろご負担が大きかったと思います。
・・・・が、すでにのんびりジョグにてトレーニングを再開とは、
やはり「マジメ」なkeroyonさんらしく^^。
体調もイマイチな時期とのことですし、どうぞ無理をなさりませんように☆。
by ハリネズミ (2014-07-29 07:28) 

liang

3日空けると余計しんどいですよね。
村上春樹がそう書いてるのを見て
妄信的に3日以上空けないよう気をつけるようになりました。
「ルーズヴェルト……」ドラマは見損ねたので本を読んでみます!
by liang (2014-07-29 07:31) 

よーちゃん

うーむ、私の場合、3日以上あけてるのが、
ほとんどですわー( ̄◇ ̄;)
ルーズベルトゲームの本、買ってみようかな。
by よーちゃん (2014-07-29 08:07) 

ポッポ

「ルーズベルト・ゲーム」は、本の方はダウンロードしたまま放置、ドラマの方はテレビ内蔵型のブルーレイに録画していたんですが、いろいろたまってしまったために見ずに一斉消去してしまいました...。
池井戸さんは電子化に協力的な作家さんらしく、比較的新しいものも電子書籍になっているんです。でも宮部みゆきさんは消極的らしく全然電子化されてません。「ペテロの葬列」を読みたいのに...。
こちらの方はなんとか消去前にドラマを見ています!
面白いですよ~。
by ポッポ (2014-07-29 09:45) 

昆野誠吾

最近、近所の本屋さんに赤毛のアンを
数種類沢山入荷していました。
あ、keroyonさんおススメのだ!
と思い手が伸びかかりましたが
読んでいる本や待機中のがあるんだからと我慢しました^^;
by 昆野誠吾 (2014-07-29 17:21) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★とし@黒猫さまへ
 そうでした・・。ケガをされていましたよね・・。
 サンゴが原因でしたっけ・・? もう1年になるのですね。
 私はまだ何となく検査の傷口が痛いような気がしていましたが、
 テープをはがしてみまして、テープが強くて痛かったみたい・・と
 判明しました(^^; 
 でもやっぱり、どこか痛いところがあると弱気になってしまいます・・。
 別に縫ったわけでもなく、刺しただけなのに情けないです(><)

★裏・市長さまへ
 「ルーズヴェルト・ゲーム」でも、「取って、取られて」の
 「8対7」ではなく、「大量点を逆転しての8対7がおもしろい」
 というシーンがありましたが、先日の石川県大会はそれ以上の
 点差・・ですもんね・・。
 直接見ていなくてニュースで見ただけですが、本当、野球漫画の
 ような・・。そんなことが現実にあるのですね。
 タイムとか取って、少し間を置く・・とかでどうにか流れを
 切れなかったのでしょうか・・。一度相手に移った「流れ」は怖いですね。

 昨日から走り始めました。傷口も大丈夫のようです(^^)
 「ほどほど」で夏を乗り切ります。いつもありがとうございます!

★ハリネズミさまへ
 ルーズヴェルト・ゲーム、ハリネズミさまも観られていたんですね(^^)
 本当、ハッピーエンドだったのでよかったです(^^)
 小説のほうも「ハッピーエンド」ですが、エピローグで「明暗くっきり」
 というところまで表現されていて、「勧善懲悪」っぽさが出ている感じ
 でした。
 あ~、やはり、手術などは、選べるなら夏場は避けたい感じですよね。
 最近は、病院内は涼しそうですけど、入院ばかりとは限りませんし・・。
 昨日から練習再開しました。
 まだ少し痛みがあるような気がしましたけど、テープを貼っていた
 ところが痛かったようで、傷口はほとんど大丈夫そうです。
 ありがとうございます!

★liangさまへ
 村上春樹さんはもっと厳しかったような記憶が・・。
 「休みは2日続けない」・・でしたっけ、毎日走っておられました
 っけ・・。「走ることについて・・」はだいぶ前に読みましたので
 すみません、うろ覚えです・・m(_ _)m
 私は、以前は、「体調もひとつな日は走れない」人でしたので、
 絶対に3日以上空いていましたが、最近はふつうに練習して
 います(^^;
 「ルーズヴェルト・ゲーム」、原作もドラマもよかったです。
 再放送など、機会がありましたらぜひ♪

★よーちゃんさまへ
 練習のリズム、頻度、目的、目標は人それぞれだと思いますので(^^)
 「ルーズベルト・ゲーム」、ドラマと本、設定が違うところが
 けっこうありました~。
 ネタバレですみませんが、一部ご紹介しますと、
 ドラマでありました「賭け」は2回とも、原作にはありません。
 ドラマを見ておられましたら、原作との違いも楽しめそうですよ~。

★ポッポさまへ
 「ルーズベルト・ゲーム」、ドラマ、消去してしまわれたんですね。
 確かに、もう見ないなら、まったく見ずに消去するほうがいいですよね。
 電子化に協力的な作家さんとそうでない作家さんがいらっしゃるの
 ですね・・。電子書籍じゃないので知りませんでした。
 宮部みゆきさんも人気作家さんで、読みごたえのありそうな長編も
 多くありそうですが、あまり読んでいないです・・。
 「模倣犯」だけかも(^^;
 「模倣犯」、とってもおもしろかったですが、貸していただいて
 読みましたとき、それぞれのエピソードが「続きが気になる」ところで
 終わっていて、それの続きが気になり、続きを探して先に読んだりし(^^;
 読み進めていてまたそこにきたときに「あれ(^^;?」みたいなことに
 なって、「私、ミステリーにむいてない(^^;」と思って以来、読んで
 いませんでした。話題作も多いですし、また挑戦してみたいです(^^)

★昆野誠吾さまへ
 「赤毛のアン」の関連本、今はたくさん出てますよね。
 連ドラ「花子とアン」の原案の「アンのゆりかご」も読んでみたいです。
 「赤毛のアン」シリーズは、今、平行読みで「炉辺荘のアン」
 (シリーズ7巻)を読んでいますが、6人の子どものお母さんと
 なったアンの物語です。
 子どもたちとアンのやりとりが感動的で、(1巻からすべてそう
 ですが)お子さんいらっしゃる方には特にいい物語のような気が
 するのですが・・・。機会がありましたら♪
by keroyon (2014-07-29 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]