So-net無料ブログ作成

観劇レポ♪ [宝塚歌劇]

今回も、E子ちゃんと、
宝塚歌劇 雪組公演を観劇♪

ここ最近、「毎公演観劇」状態になっているE子ちゃんでございます(^^)


演目はコチラ、
006.JPG

第一部(芝居) :ミュージカル「Shall We ダンス?」
第二部(ショー):ビッグモニュメント「CONGRATULATIONS 宝塚!!」

雪組の前回作品は、
トップコンビのお披露目公演となりました、
「ベルサイユのばら~フェルゼン編」の「一本モノ」でしたが、
今回は、「芝居」+「ショー」の「二本立て」、
しかもショーは、ワタクシの大好きな、藤井大介先生の作品♪

まずは芝居、
今回の芝居の演目、「Shall We ダンス?」を宝塚でやるって最初に聞きましたときには、
てっきり、「一本モノ」だと思っておりました。

1時間半ちょっとにおさまるのかな??・・と思って。

あと、
配役を知ったときに、
「なんで、トップ娘役さんが草刈民代さんの役じゃなくて、奥さんの役なんやろ?
 映画とは少しストーリーを変えるのかな??」
とか、
「宝塚って、トップさんが『理想の男性像』みたいな役をすることが多いけど、
 この話は、言うたら平凡なサラリーマン。
 これまでに、トップ娘役さんが、『さえない女の子』から『見違えるようにステキな女性』
 になっていくような役は観たことあったけど、
 今回は、その『シンデレラストーリー?』の男役版みたいにするのかしら」
とか、
「竹中直人さんがやった役は誰がするのかしら(^^)??」
などなど、興味津々(^^)

だって、この映画って、
美しい方・・という設定のキャストは草刈民代さんくらいで、
あとはそんなに「イケメン」「美しい女性」は登場しなかった印象がありましたもので・・。


劇場内に入りますと、
まず、「立ち見」の方たちが見えました。

『立ち見が出てるってことは、チケットが売れている』=『いい感じに仕上がってるのかも(^^)』
と、期待が膨らみます(^^)


脚本・演出は、女性演出家の小柳先生、
この先生は、まとめるのがうまいな~という印象(^^)
これまでの作品もおもしろくって、「なんじゃこりゃ?」的なところはなかったし、
「歌劇」誌で予習をしてもおもしろそう♪
何と言っても、原作の映画がいいですしね(^^)

で、
実際に観劇し、感想を一言で申しますと
『よかった♪』 です。

いや~、おもしろかったです♪

竹中直人さんがされた役を演じた夢乃さん、
とってもいい味出しておられて、客席からも笑いが起きていましたし(^^)

最初は、
↑ に書きましたように、
「一本モノじゃなくて大丈夫なん?」
と思ったりしましたが、
考えてみましたら、
文庫本5冊の小説を一本モノでやる(=風と共に去りぬ)くらいなので
2時間程度の映画を、1時間35分くらいの芝居におさめるのは何でもないのかも。

かえって間延びしてなくてよかった感じ。
映画のストーリーも、
言うたら単純なので、少しくらい端折っても問題ないですし。

お話は、ほとんど映画どうりで、
少しだけ変えてたかな・・という感じでした。


それにしても、
トップスターの壮一帆さんはじめ、「ダンス初心者役」をしていた方たち、
『ヘタくそに見えるように踊るのが難しかったんちゃうかな~(^^)』

だってふだん、いろんなジャンルの踊りをされているタカラジェンヌさん、
何をやっても格好よくきまっていますから、
ヘタくそ、初心者に見えるように踊るのって、かえって難しい気がしたんですけど。

ともあれ、
おもしろく、ほっこりした気持ちになれたお芝居でした(^^)

あ、1つだけ不満?を挙げるとしましたら、
「キャスト」の数がどうしても少ないので、
「役」についている人数が減ってしまうこと・・かなぁ。

本来だったら、セリフがある役を与えられるような方でも、
「その他大勢」のような感じでの出演になってしまったり・・。

でも、宝塚で上演するために、ヘタに役を追加して、
サイドストーリーみたいなんを追加しても、ややこしくなってしまうかもしれませんしね。

まぁ、海外ミュージカルとか、映画とか、
原作があるものを上演するときは仕方ないでしょうね。


さて、休憩をはさみまして、
第二部の「ショー」、「CONGRATULATIONS 宝塚!!」

007.JPG

ワタクシ、
けっこう好きな藤井大介先生の作品♪

今年春の、宙組公演のショー、
「レビュー・ルネッサンス『Amour de 99!!~99年の愛~』」
もそうでしたけど、
この作品は、
宝塚歌劇99周年ということで、
過去の作品を振り返るような感じの作品になっており・・。

いいショーでしたけど、
「藤井先生らしさ」はあまりなかったような感じでした。

なので、今回は期待が(^^)

そう、今回の雪組公演は、
今年最後の大劇場公演であり、
来年最初の東京宝塚劇場公演ですので、
「99周年最後の大劇場公演、100周年最初の東京宝塚劇場公演」となります。

そういう意味でも、
「CONGRATULATIONS!!」ということでしょうか。

いや~、
『め~~~~~~~~っちゃよかった(^^)』

やっぱり藤井先生のショー、サイコ~♪

さすがに、「お母さんのお腹にいるときからの宝塚ファンだった」と、先生自身おっしゃるだけあって
ファンのツボをおさえていらっしゃる(^^)

場面、場面が、かっこよすぎ~~(^^)

もう、プロローグから、
テンポよくどんどん進んでいきます。

プロローグの白いコートの場面、かっこいい~。
(個人的には、ソフト帽をかぶっていただけたら言うことないんですけど、
 あのお衣装には合わないのかな??
 以前、花組で、そういう場面があったんだけど・・)

娘役さんのパンツスタイルも、個人的にツボ(^^)

とにかく今回、
「客席降り」祭り、
「男役」祭り、
「歌い継ぎ」祭り、
・・と、かっこいい&うれしい演出のオンパレード。

客席降りは3回もあって、
いちばん後ろの、立ち見席の人たちのところまで来てくださっていたときも(^^)

私たちも、
通路側の席のときもあるのに、
今回は、真ん中の席で・・。
ハイタッチしてもらえたかもしれなかったのに、残念・・。

3回目のときに、
以前、「JIN」の公演のショーのときの客席降りで、近くで拝見した夢乃さんが
近くにきてくださっていて。

(絶対、)こっちを見て下さった(ような気がした)♪

男役ばっかりの「男役祭り」場面は、黒タキシードで。
黒エンビもかっこいいですけど、タキシードもいいな~(^^)

中詰の「酒祭り」シーンでは、
男役の鳳翔大さんのダルマ姿が圧巻(^^)
いや~、スタイルいいですね~。
(でもやっぱり、身長のある男役さんのダルマ姿は・・・・・、デカイ(^^; )

また、
壮さんの、「電飾付きの輪っかのドレス」姿も圧巻(^^)
男役メイクのままでしたけど、
笑顔がとってもステキだったからか、あんまり違和感&怖い感じもなくて(^^)

でも、とっても重そうでした・・(^^;
さっさと歩けない感じで。
トップさんが背負う羽よりも重そうに見えました。


壮さん&愛加さんのトップコンビのデュエットダンス、
壮さんの表情が優しそうでね~(^^)
いや~、あんな笑顔で、近くで見つめられたらクラクラしそうです(^^;
(私にはトップ娘役さんて絶対務まらない!!
 ・・・・・っていうか、心配しなくてもなれませんが(^^; )

そこから、大階段の男役さん群舞へ。
先ほどのデュエットダンスのときのやさしそうな表情とは一転、
ビシっとした表情の壮さん、
こういう切り替えがステキやな~と思いますね~。


いや~、もう、サイコ~でした(^^)
藤井先生、これからも、「藤井先生ワールド」でヨロシクです(^^)

残念だったのは、
未涼亜希さんがケガで休演とのこと。
早くよくなりますように・・・。


そんなわけで、
今回もE子ちゃんと楽しく観劇できました(^^)
幕間休憩も、帰りも、「よかったね~(^^)」系の話題で盛り上がり(^^)

今年最後の大劇場公演ですので、
ワタクシたちにとっても、年内最後の公演、
いや~、少し前には、
E子ちゃんと一緒に大劇場に観劇に来れるようになるなんて
想像もしてなかったよ~(^^)

いつも楽しい時間を本当にありがとう(^^)

来年も、
E子ちゃんにムリのない範囲で、
また一緒に観劇できたらうれしいです(^^)

(・・・と言いつつ、すでに、1月の大劇場公演と、梅田芸術劇場公演は
 2人分のチケット確保済みですが・・・(^^) )


<本日のトレーニング>

昨夜は少し遅くなりましたが、
帰ってきてからだと、走るのがおっくうになってしまいそうな気がしましたので、
5時半起きで、先に走ってから宝塚に向かいました(^^)
(やっぱりそのほうがスッキリ♪)

・ ジョグ10キロ

・ エクササイズ(脚、腹筋、腕)

「11月のRUNのまとめ」は、明日する予定でございます。


2013-11-30 21:00  nice!(36)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 36

コメント 8

ハリネズミ

立ち見が出るほど盛況な公演、
keroyonさんもE子さんも大満足の一日でしたね~^^。
第一部が1時間半、第二部もまた同じくらいの長さとしたら、
立ち見の方、かなり体力が必要そうですね。
タカラヅカのチケットをとるのってかなり大変なのかな?^^;
ヅカ友ともいえるE子さんとの観劇は途中の休憩時間の
意見交換などもできて、楽しそうです。
トレーニングも朝練にて済ましてからのおでかけだったので、
心おきなく楽しめたでしょうね♪。
by ハリネズミ (2013-12-01 08:34) 

昆野誠吾

本当にステキな時間を過ごされたのが
文章からありありと伝わってきます♪
夢中になれることがあっていいですよね~
いつからかハマってどっぷりってのが
あまり無くなってしまい淡泊な生活に
なっているような気がします。
宝塚見たらどっぷりハマれるかなぁなんて
思ったりしますが不動産屋らしくない気も(笑
by 昆野誠吾 (2013-12-01 16:29) 

koume

Keroyon さん、楽しんでこられたんですね。
こちらまで、ワクワクしちやいました。
配役が少ないのは
少し残念ですね。
by koume (2013-12-01 17:35) 

よーちゃん

充実のひとときだったようですね~。
宝塚関連の記事のときはkeroyonさんの
熱い想いがビンビン伝わってくるから不思議(*^_^*)
by よーちゃん (2013-12-01 19:34) 

はるゆうなお

「Shall We ダンス?」を宝塚の方々が演じられるなんて・・
どんな感じになるのかな?って興味津々でした^^
面白かったようで^^
楽しんでこられましたねっ^^

by はるゆうなお (2013-12-01 19:51) 

ポッポ

麗しい宝塚のかたが、竹中直人さんや渡辺えりさんが演じた役をどう演じられたのかすごーく興味があります。
by ポッポ (2013-12-01 20:23) 

kinkacho

keroyonさん、こんにちは。
「Shall We ダンス?」よかったようですね。kinkachoもチケットを取っておけばよかったなあ。二本ものだったし、本当に取ればよかった。
百周年一作目の「眠らない男」はラン仲間三人で見に行きます!!
by kinkacho (2013-12-01 21:20) 

keroyon

みなさま、ご訪問・コメント・niceをありがとうございました!

★ハリネズミさまへ
 立ち見はかなり疲れます・・。
 まぁ、好きなモノを観ていますので、そのときはそうでもないの
 ですが・・。歩く、走るよりも、立ちっぱなしのほうが、脚への負担
 は大きいそうです。
 でも空席がなく、立ち見も出ているのはやっぱりうれしいです(^^)
 やはり、舞台からも空席は分かるそうですし、今回のショーは
 客席降りが多い演出でしたので、なおさら、席があいていたら
 ジェンヌさんたちも悲しいと思いますので・・。
 ちなみに、第二部のショーは55分です。
 (記事の1枚目の写真右側に、時間配分が載っております)
 チケットは、演目にもよりますが、トップさんのサヨナラ公演
 などは厳しくなりますね・・。でも大劇場は最近はあまり厳しく
 ないみたいです。東京はかなり激戦らしいのですが・・。

★昆野誠吾さまへ
 最近は、特に好きなジェンヌさんもなく、大劇場公演を1回ずつ
 観ている、ごく普通のおとなしいファン・・なのですが、
 やはりヅカネタ記事のときは、壊れてしまっているようです・・(^^;
 宝塚歌劇は不動産屋さんらしくないんでしょうか(^^;
 男性ファンもたくさんいらっしゃいますが、男性・女性に関係なく
 ハマる方の性格は何となく分かる気が・・・。
 うまく説明できないですけど・・・。
 まぁ、趣味はさまざまですので・・。
 今はお仕事がお忙しそうですし、お子さんも小さいですから
 落ち着かれたら、何かハマれるものが見つかるといいですね(^^)

★koumeさまへ
 今回はとってもよかったので大満足です(^^)
 でも、内容がイマイチでも、なんやかんや言って楽しんでるの
 ですが・・(^^;
 原作があるものや海外ミュージカルなどは、配役が少なく
 なってしまうときがありますね・・。

★よーちゃんさまへ
 今回の内容はすごくよかったので、大満足~です(^^)
 でも、イマイチやったとしましても、結局、楽しんでくるのですが(^^;
 今では、特定の好きな方もいないですし、おとなしい一ファンなの
 ですが、やはりタカラヅカネタのときは壊れていますね(^^;

★はるゆうなおさまへ
 宝塚はかなりいろんな演目をやっていますので、
 「蒲田行進曲」なんかもやりましたが(大劇場じゃなかったので
 私は観てません)そのときのポスターは、トップさんがド派手な
 背広を着て、ハエタタキもって・・というふうに写っていますけど
 それでもキマっていてカッコいいから不思議です・・(^^)

★ポッポさまへ
 宝塚はかなりいろんな演目をやっていまして、コメディっぽい
 作品もけっこうあります。
 竹中直人さんや渡辺えりさんの役の方も、いい味だしておられ
 ましたよ(^^)

★kinkachoさまへ
 こんばんは!
 今回は、芝居もショーもすごくよかったです!
 そうでしたか、kinkachoさまは今回は観られないんですね・・。
 でも、kinkachoさまは映画をかなり見られているお方ですから
 今回の作品はどうだったかなぁ・・と・・。
 私はだいたい甘口ですので・・(^^;
 ショーは、藤井先生っぽかったですけど、だいぶ前の
 TCAスペシャルで見たような「歌い継ぎ」の場面とか、
 パリにちなんだ曲やいろいろ懐かしい曲もたくさん使われて
 いましたので、そういう意味でもすごくよかったです!
 100周年一作目の「眠らない男」、今朝の「カフェブレイク」で
 制作発表の様子を見ましたが、コスチュームモノで、宝塚らしい
 作品になるんじゃないかな~とワクワクしました(^^)
 布教活動がんばって下さい(^^)
by keroyon (2013-12-01 22:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]